竜姫神サフィラ改

 こんにちは、D-kmtです。

今回は、「竜姫神サフィラ」を活躍させるデッキを改造したものを投稿します。

以前投稿した構築は儀式召喚デッキに必要な必須カードをしっかり入れていましたが、今回改造したこのデッキは必須のカードを取り払いました。

一見無茶な考え方ですが、とあるカードの登場により従来の儀式召喚にこだわらなくても良い構築のしかたができるようになりました。

今回の構築では「インベイジョン・オブ・ヴェノム」で登場した新たな儀式ドラゴン族「古聖載サウラヴィス」を搭載し「オネスト」などの手札発動型の効果モンスターを使った防衛を使い「竜姫神サフィラ」の効果発動を狙います。

では、デッキ構築を紹介します。


*赤字は制限・青字は準制限カード


モンスターカード

竜姫神サフィラ×3
古聖載サウラヴィス×3
オネスト×2
エフェクト・ヴェーラー×2
天空騎士パーシアス×2
超電磁タートル×1
ライトロード・マジシャンライラ×3
ライトロード・サモナールミナス×2
ライトロード・アサシンライデン×2

魔法カード

祝祷の聖歌×3
オッドアイズ・アドベント×2
祝福の教会-リチューアル・チャーチ×3
テラ・フォーミング×3
儀式の下準備×2
光の援軍×2
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
死者蘇生×1
貪欲な壺×1
儀式の準備×1


EXデッキ

オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン×3
妖精竜エンシェント×2
ライトロード・アークミカエル×1
スターダスト・ドラゴン×1
閃こう竜スターダスト×1
エンシェント・フェアリー・ドラゴン×1
月華竜ブラック・ローズ×1


この構築では儀式デッキで必須である「マンジュゴッド」を外し、「ライトロード」でデッキを削り「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の2の効果を使い素早く体勢を整えようという考え方にしています。「ライトロード」の強制効果でデッキを墓地へ送り、「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の2の効果で「天空騎士パーシアス」を特殊召喚し、魔法を回収して戦闘で貫通とドローを狙います。モンスターの回収は「貪欲な壺」で行います。


祝福の教会-リチューアル・チャーチ          コレクターズパック-閃光の決闘者編 収録

フィールド魔法

「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の12の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

1:自分の手札から魔法カード1枚を捨ててこの効果を発動できる。デッキから光属性の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。

2:自分の墓地の魔法カードを任意の数だけデッキに戻し、デッキに戻した数と同じレベルを持つ、自分の墓地の天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。



天空騎士パーシアス         Mythological Age -蘇りし魂- 収録

レベル5 光属性 天使族 攻撃力1900 守備力1400 効果モンスター

カードテキスト

このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

また、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

再録

DUELIST LEGACY Volume.5
BEGINNER'S EDITION 2
ストラクチャーデッキ-閃光の波動-
ストラクチャーデッキ-ロスト・サンクチュアリ-
BEGINNER'S EDITION 2(第7期)



「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の1の効果で「竜姫神サフィラ」と儀式魔法をサーチ、1の効果と「ライトロード」の強制効果で墓地に魔法カードを溜めて、「天空騎士パーシアス」があるときに「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の2の効果で墓地の魔法カード回収と「天空騎士パーシアス」を特殊召喚し攻撃、儀式可能になったら「竜姫神サフィラ」を儀式召喚する。「竜姫神サフィラ」がフィールドに存在するのであれば「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の1の効果で「古聖載サウラヴィス」をサーチし相手ターンに備える。



以上がこのデッキの基本であり理想の動かし方です。



ここでいくつかの疑問があると思います。

何故「天空騎士パーシアス」か?

構築リストの「オッドアイズ・アドベント」は何故採用しているか?

相手ターンにどう対応するのか?

これらが疑問になる方が多いと思います。下記で1つずつ回答しますので御覧ください。


何故「天空騎士パーシアス」か?

「天空騎士パーシアス」はレベル5にてはステータスが低くすぐに戦闘破壊されます。現在ではリリース無しでこのカードを戦闘破壊できるのに何故このカードを採用したかというと「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の2の効果の発動条件に丁度いいことです。


ここでこのような突込みが入ると思います。

「天空騎士パーシアス」よりステータスも高く同じ効果でフィールド魔法「天空の聖域」があれば相手とのライフ差分だけ攻撃力が上がる「天空勇士ネオパーシアス」があるのに何故こちらを使う?



これに対する回答はこうです。

「天空勇士ネオパーシアス」はレベル7で真価を発揮するのは「天空の聖域」があることのため、「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の2の効果の発動に遅れが出る上にこの構築では他のフィールド魔法を使う必要はない。また、このデッキでは儀式モンスターが戦力であり「天空勇士ネオパーシアス」を使うならこちらを戦力としてデッキを構築する方が都合が良い為である。他にも「オネスト」のサポートも期待できる。

他にも色々な突っ込みはあると思いますが「天空騎士パーシアス」を採用したのは「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の2の効果を使い特殊召喚するには墓地のカードが5枚なら無理なく速く溜まり、戦力として使え効果も優秀だからです。



構築リストの「オッドアイズ・アドベント」は何故採用しているか?

これは1の効果を使い墓地に落ちた「古聖載サウラヴィス」を「オッドアイズ・アドベント」の特性を使って儀式召喚を狙うためと「竜姫神サフィラ」も同じく儀式召喚するためです。


オッドアイズ・アドベント    ブレイカーズ・オブ・シャドウ 収録

儀式魔法

ドラゴン族の儀式モンスターの降臨に必要。「オッドアイズ・アドベント」は1ターンに1枚しか発動できない。

1:レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのPモンスターをリリースし、自分の手札・墓地からドラゴン族の儀式モンスター1体を儀式召喚する。

相手フィールドにモンスターが2体以上存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分のエクストラデッキの「オッドアイズ」モンスターもリリースの代わりに墓地へ送る事ができる。



この「相手フィールドにモンスターが2体以上存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分のエクストラデッキの「オッドアイズ」モンスターもリリースの代わりに墓地へ送る事ができる」と「墓地から」という特性を使い、墓地の儀式ドラゴン2種類の儀式召喚を狙う事ができます。このデッキ構築ではEXデッキはそれほど使わないため、「オッドアイズ」モンスターのためにスペースを確保可能だからというのも理由の一つです。また、「相手フィールドにモンスターが2体以上存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合」という条件も現在の環境なら多いため容易であると思うので採用しています。


相手ターンにどう対応するのか?

この点については「オネスト」「超電磁タートル」「スターダスト・ドラゴン」「閃こう竜スターダスト」の効果、「古聖載サウヴィラス」の2の効果、「妖精竜エンシェント」「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」の守備力をアテにしています。


以上が疑問として出てくるであろう部分の回答です。


このデッキの欠点は「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」への依存が大きく、狙われて除去されれば機能しなくなります。他にも相手ターンでの対応力が十分ではないのでサイドデッキで対応します。また、儀式召喚であるため、手札事故や特殊召喚封じにも注意が必要です。注意カードとして永続罠「閃光を吸い込むマジックミラー」も警戒しておくカードです。


以上が今回の構築です。この構築では以前の構築記事で非常に有益なご意見を頂いたので、早速採用させて頂きました。しかし、頂いたご意見とは違う形で組み込まれましたが、無理なく活かされていると思います。

儀式ドラゴンの更なる強化を祈り終了します。









スポンサーサイト

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンを使うデッキ

 こんばんは、D-kmtです。

今回は「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を活躍させるデッキを構築してみたので投稿します。

効果を使いづらい「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を何とかして使いたい、尚且つ自分色を出したいということを追求した結果このような構築になりました。まだまだ効率的な構築例があると思いますが、今回はこれで行きます。


*赤字は制限青字は準制限カード


モンスターカード

魔界発現世行きデスガイド×1
クリッター×2
沼地の魔神王×3
デブリ・ドラゴン×3
バトルフェーダー×3
ジャンク・シンクロン×3
シンクロ・フュージョニスト×1
カードガンナー×1
終末の騎士×1
召喚僧サモンプリースト×1
マスマティシャン×1


魔法カード

融合×3
スケープ・ゴート×3
融合回収×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
死者蘇生×1
おろかな埋葬×1
貪欲な壺×1
増援×1


罠カード

融合準備×3
激流葬×2
強制脱出装置×2

EXデッキ

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2
クリッチー×2
始祖竜ワイアーム×2
氷結界の龍グングニール×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
転生竜サンサーラ×1
A・O・Jカタストル×1
アクセル・シンクロン×1
ダークエンド・ドラゴン×1
スターダスト・ドラゴン×1
えん魔竜・レッドデーモン・アビス×1



デッキの動かし方は、「魔界発現世行きデスガイド」で「クリッター」を特殊召喚し「融合」を発動、または墓地へ送った「シンクロ・フュージョニスト」を「ジャンク・シンクロン」で特殊召喚し「融合」を発動し「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合召喚します。

「魔界発現世行きデスガイド」は鍵となるモンスターカードですが、制限カードなので「クリッター」でサーチします。しかし、「クリッター」も準制限なので、融合モンスター「クリッチー」があることを利用し「融合準備」でサーチします。「魔界発現世行きデスガイド」の効果はデッキに「クリッター」が無いと使えないので「貪欲な壺」で回収するなどしてデッキに戻す事も必要です。

魔界発現世行きデスガイド

レベル3 闇属性 悪魔族 攻撃力1000 守備力600 効果モンスター  EXTRA PACK 2012収録 GOLD SERIES 2014 ・THE RARITY COLLECTION •ストラクチャーデッキ-ペンデュラム・ドミネーション-再録

カードテキスト

1:このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札・デッキから悪魔族・レベル3モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは効果が無効化され、S素材にできない


クリッター

レベル3 闇属性 悪魔族 攻撃力1000 守備力600 効果モンスター  Vol.6収録 

再録

鋼鉄の襲撃者-METAL RAIDERS-
STRUCTURE DECK-城之内編-
STRUCTURE DECK-海馬編-
STRUCTURE DECK-ペガサス・J・クロフォード編-
DUELIST LEGACY Volume.4
STRUCTURE DECK-遊戯編- Volume.2
公認大会賞品(2004年7月)
BEGINNER'S EDITION 2
GOLD SERIES
ストラクチャーデッキ-デビルズ・ゲート-
BEGINNER'S EDITION 2(第7期)
デュエリストボックス2012
スターターデッキ(2012)
THE GOLD BOX
デュエリストセット Ver.ダークリターナー
パーフェクトルールブック2016 付属カード

カードテキスト

「クリッター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。


融合準備       ネクスト・チャレンジャーズ収録

通常罠

1:エクストラデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体をデッキから手札に加える。その後、自分の墓地の「融合」1枚を選んで手札に加える事ができる。




「クリッター」はメインデッキに採用しているモンスター全てをサーチできるので、状況に応じて使い分けができます。「沼地の魔神王」をサーチし効果で「融合」をサーチ、「デブリ・ドラゴン」「ジャンク・シンクロン」をサーチして「沼地の魔神王」「シンクロ・フュージョニスト」を素材にレベル7・5シンクロを狙う、「バトルフェーダー」で相手ターンに備える、「終末の騎士」「マスマティシャン」をサーチし「シンクロ・フュージョニスト」を墓地へ送るなど様々な動きができるようになっています。

「融合」は「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合するために使いますが、「スケープ・ゴート」を採用しているので「始祖竜ワイアーム」機会があれば「クリッチー」を融合しても面白いと思います。「融合」の回収に「融合回収」「融合準備」を使います。

EXデッキの「転生竜サンサーラ」「アクセル・シンクロン」 「ダークエンド・ドラゴン」 「スターダスト・ドラゴン」 「えん魔竜・レッドデーモン・アビス」は無理にシンクロを狙わず機会があれば程度に考えています。しかし、どれも強力なものや、いざという時にあると便利なので状況に応じて使う事を想定しています。


このデッキの欠点はモンスターのステータスの低さ、手札事故への対応の低さ、特殊召喚封じなどが挙げられます。攻撃力の高いモンスターで攻めるデッキとは相性が悪く「バトルフェーダー」である程度対応可能ですが、EXデッキのモンスターの特殊召喚を封じられると戦闘で勝つことはできなくなります。また、手札事故を起こすとステータスの低さを突かれ一気に終わらされる可能性があります。サイドデッキに防御用カード・除去カードを用意し、相手により使い分ける必要があります。


思案して気付いたことですが「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」はメインで使うよりは闇属性デッキの隠し味として採用するのが最適だと思います。切り札として使えるようになるのはまだ先の話だと思いますが、アニメ「ARC-V」が進むにつれて有効な手段が登場するかもしれません。今後のサポートカードの登場に期待します。


以上でデッキ構築紹介を終了します。








新生ジャック・アトラス風デッキ

こんばんは、D-kmtです。

今回は、「レッド・ライジング・ドラゴン」を中心にしたジャック・アトラス風に仕上がりました。

ライバルコレクションで登場した「レッド・ライジング・ドラゴン」を使い、シンクロドラゴンで攻めるデッキです。

この構築に使ったカードは「レッド・デーモンズ・ドラゴン」「えん魔竜レッド・デーモン」シリーズを切り札に、「レッド・ライジング・ドラゴン」の効果を活かせる構築に仕上げてみました。構築上、アニメシリーズ「5Ds’」「ARC-V」で登場するジャック・アトラスの使用するカードが大半を占めているので、「ジャックデッキ」として扱われるものです。今回「レッド・ライジング・ドラゴン」が登場した事により、新しい構築が可能となりました。今回はその一例を投稿します。

では、構築を紹介します。


*赤字は制限カード


モンスターカード

レッド・スプリンター×3
レッド・リゾネーター×3
ダーク・リゾネーター×3
チェーン・リゾネーター×2
バリア・リゾネーター×2
クリエイト・リゾネーター×1
シンクローン・リゾネーター×1
聖鳥クレイン×3
クレーン・クレーン×2

魔法カード

コール・リゾネーター×3
共鳴破×2
リゾネーター・エンジン×2
スケープ・ゴート×3
禁じられた聖槍×2
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
死者蘇生×1
ソウル・チャージ×1


罠カード

スカーレッド・カーペッド×2
闇次元の開放×2


EXデッキ

レッド・ライジング・ドラゴン×3
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト×2
スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン×1
えん魔竜レッド・デーモン×2
えん魔竜レッド・デーモン・アビス×2
えん魔竜レッド・デーモン・ベリアル×1
えん魔竜王レッド・デーモン・カラミティ×1
TGハイパー・ライブラリアン×1
フォーミュラー・シンクロン×2


この構築では「レッド・ライジング・ドラゴン」をシンクロするためにレベル6のシンクロギミックを搭載しています。チューナーに「レッド・リゾネーター」を採用し効果で「聖鳥クレイン」を特殊召喚しドロー、または「レッド・スプリンター」を使い「レッド・リゾネーター」を特殊召喚しライフを回復を狙います。

レッド・リゾネーター

レベル2 炎属性 悪魔族 攻撃力600 守備力200 チューナー・効果モンスター ブースターSP-ハイスピード・ライダーズ収録

カードテキスト

「レッド・リゾネーター」の2の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1:このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。

2:このカードが特殊召喚に成功した時、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。





レッド・スプリンター

レベル4 炎属性 悪魔族 攻撃力1700 守備力1200 効果モンスター ブースターSP-ハイスピード・ライダーズ収録

カードテキスト

「レッド・スプリンター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分フィールドに他のモンスターが存在しない場合に発動できる。自分の手札・墓地からレベル3以下の悪魔族チューナー1体を選んで特殊召喚する。




聖鳥クレイン

レベル4 光属性 鳥獣族 攻撃力1600 守備力400 効果モンスター 暗黒の侵略者 収録

カードテキスト

このカードが特殊召喚した時、このカードのコントローラーはカードを1枚ドローする。




この組み合わせを中心に「レッド・ライジング・ドラゴン」をシンクロし、1の効果で「レッド・リゾネーター」を特殊召喚し「レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト」「えん魔竜レッド・デーモン」をシンクロし攻撃するのがこのデッキの基本になります。可能であれば「えん魔竜レッドデーモン・アビス」「えん魔竜レッド・デーモン・ベリアル」をシンクロするのも有効です。「えん魔竜レッド・デーモン・ベリアル」をシンクロでき、「レッド・ライジング・ドラゴン」の2の効果が使えるようになれば「えん魔竜王レッド・デーモン・カラミティ」もシンクロ可能です。ただ、「レッド・ライジング・ドラゴン」をシンクロした時にレベル3の「リゾネーター」があれば「えん魔竜レッドデーモン・アビス」をシンクロする場合がほとんどなので、状況に合わせての使い分けができます。

この他にも、墓地に「リゾネーター」が多くあり、「スカーレッド・カーペッド」を発動できる状況であれば、「レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト」からの「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」のシンクロが可能になります。


この構築で採用している「リゾネーター」モンスターは全てチューナーなので、いつでもシンクロ可能な状態にするために「スケープ・ゴート」を採用し、「リゾネーター」をサーチする「コール・リゾネーター」シンクロ召喚を成功させるたびにカードを破壊できる「共鳴破」を駆使し有利な状況にもって行きます。



コール・リゾネーター

通常魔法

1:デッキから「リゾネーター」モンスター1体を手札に加える。




共鳴破

永続魔法

このカードがフィールド上に存在する限り、「リゾネーター」と名のついたモンスターがシンクロ素材として墓地へ送られる度に、
相手フィールド上に存在するカードを1枚選択して破壊する。このカードは発動後2回目の自分のエンドフェイズ時に破壊される。




スケープ・ゴート

速攻魔法

このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。

1:自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。


「スケープ・ゴート」を使えば、相手の攻撃を防ぐ事をメインに「TGハイパー・ライブラリアン」「フォーミュラー・シンクロン」をシンクロ可能になり、「チェーン・リゾネーター」で他のリゾネーターをデッキから特殊召喚すればこの2種類を並べる事も可能です。特に「フォーミュラー・シンクロン」はチューナーでもあるので、「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」のシンクロ補助や効果を活かす事ができ、相性は抜群です。またどちらもドロー効果を持っているので、手札の増強もできます。

その他の採用については「レッド・デーモンズ」「レッド・デーモン」シンクロモンスターを守るために「禁じられた聖槍」、「レッド・ライジング・ドラゴン」の2の効果を使った後や除外された場合の「闇次元の開放」、「レッド・リゾネーター」の効果でライフが大幅に回復可能なため「ソウル・チャージ」を採用しています。


このデッキの欠点は、特殊召喚封じ・除外戦術などです。危険カードとして永続罠「暗闇を吸い込むマジックミラー」があり、闇属性モンスターの効果を全て無力化されます。このデッキはシンクロドラゴンが闇属性だらけなので、効果を無力化されると大幅に戦力が低下してしまいます。ステータスは高いのである程度持ちますが、それでも脅威である事に変わりはないので「サイクロン」などの除去カードをサイドデッキに用意しておきます。除外カードにも対応できますがまだ不十分なので、除外からの特殊召喚カードなどを用意しておけば対応は可能です。


ジャック・アトラスといえば、シグナーの一人・キング・遊星のライバルと思いつきますが、この中で自分が印象に残っているのはキングとしてのジャックです。「5D’s」「ARC-V」と登場しますが、どちらもキングとして登場し決め台詞が最高です。そして一番印象に残っています。

自分はどのシリーズでもライバル役のほうが気に入る事が多いです。海馬瀬人・天城カイトそしてジャック・アトラス、どれもドラゴン族が切り札になっているからかもしれませんが、自分にはない強さを持っているので憧れの対象でもあると思います。(現実にいるとイヤなヤツばかりですが)

それは置いといて、この辺で構築紹介を終わりにしたいと思います。

今回は「キング」ジャック・アトラスの決め台詞で終わらせて頂きます。


キングは一人!!この俺だ!!!!!




デュアルドラゴン

 こんばんは、D-kmtです。

今回は「化合獣」デッキを元にしたデュアルドラゴン族を主力にしたデッキを紹介します。

軸となるカードや欠点は「化合獣」デッキとほぼ変わりませんが、運用方法やこの構築ならではのものも存在します。

では、構築を紹介します。


*赤字は制限・青字は準制限カード


モンスターカード

ヘルカイザー・ドラゴン×3
ダークストーム・ドラゴン×3
化合獣カーボン・クラブ×3
化合獣オキシン・オックス×3
デブリ・ドラゴン×3
沼地の魔神王×2
クリッター×2
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1

魔法カード

化合電界×3
テラ・フォーミング×3
スーペルヴィス×3
銀龍の轟砲×3
アームズ・ホール×2
融合×2
死者蘇生×1

罠カード

完全燃焼×3



EXデッキ

超化合獣メタン・ハイド×2
サンダーエンド・ドラゴン×2
ブラック・ブルドラゴ×1
レッド・ワイバーン×2
氷結界の龍グングニール×2
ブラック・ローズ・ドラゴン×2
超合魔獣ラプテノス×1
始祖竜ワイアーム×1




このデッキは「化合獣」と同じく「化合電界」「スーペルヴィス」を発動させる事が機能させる条件となります。

「化合電界」の1の効果で「ヘルカイザー・ドラゴン」「ダークストーム・ドラゴン」をリリース無しで召喚し、2の効果で再度召喚状態にして連続攻撃・相手の魔法・罠の除去を狙います。「スーペルヴィス」のもう1つの効果や「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」の効果などで特殊召喚した場合は召喚権を使い再度召喚状態にしても問題ありません。

また、主力がデュアルであることから「銀龍の轟砲」を使えるので、「化合獣カーボン・クラブ」の効果で「ダークストーム・ドラゴン」などを墓地へ送り発動という事も可能です。

この構築の特徴として「融合」「沼地の魔神王」「デブリ・ドラゴン」を採用して「超合魔獣ラプテノス」を融合し再度召喚状態にする、「始祖竜ワイアーム」をフィールドで融合する、「デブリ・ドラゴン」と「沼地の魔神王」で「氷結界の龍グングニール」「ブラック・ローズ・ドラゴン」をシンクロし、「完全燃焼」を使いレベル2の「化合獣」を特殊召喚すれば「ブラック・ブルドラゴ」もシンクロできます。「完全燃焼」は主に2の効果を中心に使っていきます。


このデッキの欠点は「化合獣」と同じく「化合電界」と「スーペルヴィス」に依存していますが、この構築では「化合獣」以上に「化合電界」に依存しています。1の効果で「ヘルカイザー・ドラゴン」「ダークストーム・ドラゴン」をリリース無しで召喚を狙っているため、「化合電界」を除去されれば展開手段のほぼ全てを失う事になります。手札がこれらのモンスターのみであれば動きは取れません。

対策としてサイドデッキに防御用のカードを採用し、「化合電界」を守るなどが必要です。また、「融合」と「死者蘇生」か「銀龍の轟砲」があれば「超合魔獣ラプテノス」を融合し、墓地から特殊召喚というプレイングである程度カバーできます。この動きで切り抜ける事も可能なので、この構築の「超合魔獣ラプテノス」の数を増やしてもいいでしょう。




今回の構成は「化合獣」デッキを元に自分の色を付けてみたので、ほんの一例と受け取って頂ければ幸いです。このように「化合電界」を使えばデュアルモンスターの可能性が広がります。まだまだ多くのデッキを生み出す事ができそうなので、是非デュアルモンスター中心のデッキを構築してみてはどうでしょうか?


以上が今回のデッキ構築です。お付き合い頂きありがとうございました。



カードを売るならこちら、販売もしています。



こちらは買取です。



こちらもどうぞ。


闇属性でシンクロドラゴン

 こんばんは、D-kmtです。

新ドラゴン族を使ったデッキ第2弾を投稿します。

今回の新ドラゴン族は通常モンスターのレベル8チューナー「竜核の呪霊者」を使用します。

では、デッキ構成を御覧ください。

*赤字は制限カード


モンスターカード

竜核の呪霊者×3
レベル・スティーラー×3
ダーク・グレファー×3
バトルフェーダー×3
異次元の偵察機×2
ダーク・クリエイター×2
終末の騎士×1
召喚僧サモンプリースト×1
ダーク・アームド・ドラゴン×1
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン×1


魔法カード

闇の誘惑×3
竜の霊廟×2
復活の福音×3
ツインツイスター×2
おろかな埋葬×1
増援×1
手札抹殺×1
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
死者蘇生×1


罠カード

闇次元の開放×2
リビングデッドの呼び声×2


EXデッキ

えん魔竜レッド・デーモン×1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト×1
スターダスト・ドラゴン×1
閃こう竜スターダスト×1
ダークエンド・ドラゴン×1
スクラップ・ドラゴン×2
魔王龍べエルゼ×1
ブラック・ローズ・ドラゴン×1
月華竜ブラック・ローズ×1
竜魔人クィーンドラグーン×1
ダイガスタ・エメラル×1
森羅の姫芽宮×2
No.83ギャラクシー・クイーン×1



この構成は「竜核の呪霊者」と「レベル・スティーラー」を使いレベル8・7のシンクロモンスターをシンクロする事をメインにしたデッキです。この構成はドラゴン族シンクロモンスターを採用しています。(自分ドラゴン使いですから)素材の制限が無ければ好きなシンクロモンスターでデッキを組むことができるので、この構成以外のデッキも多く作れると思います。

「竜核の呪霊者」は「レベル・スティーラー」と共に「ダーク・グレファー」で墓地へ送り、蘇生カードで特殊召喚します。「竜核の呪霊者」を特殊召喚した後は「レベル・スティーラー」でレベルを調節し、シンクロモンスターを召喚します。

この構成では「竜核の呪霊者」がレベル8・ドラゴン族であることを理由に蘇生カードに「復活の福音」、シンクロモンスターもレベル8シンクロドラゴンを多めにし、レベル7に2種類の「ブラック・ローズ」を採用しています。

「竜核の呪霊者」が闇属性であることから闇属性モンスターでデッキを統一し、「ダーク・クリエイター」で特殊召喚、除外された場合に「闇次元の開放」で特殊召喚、「ダーク・グレファー」などのレベル4で「竜魔人クィーンドラグーン」「ダイガスタ・エメラル」をエクシーズし効果で特殊召喚と数多くの蘇生方法を搭載しています。

「レベル・スティーラー」はランク1エクシーズモンスターの素材にも使えるので、墓地肥やしと手札増強、戦力の3役をこなせる「森羅の姫芽宮」をエクシーズする、「No.83ギャラクシー・クィーン」をエクシーズし効果を使い、シンクロドラゴンに貫通能力を付け攻撃も可能です。



このデッキの欠点は特殊召喚封じと除外です。採用モンスターがほぼ闇属性に統一されているので永続罠「暗闇を吸い込むマジック・ミラー」を発動されるとデッキが機能しなくなります。対策としてサイドに何かしらの除去カードを入れておきます。


「竜核の呪霊者」は「聖刻」や「ブルーアイズ」デッキとも相性がいいのでそれぞれのデッキで活躍することがあります。使用方法は考えておきますので、投稿する日までお楽しみに。



カードを売るならこちら、販売もしています。



こちらは買取です。



こちらもどうぞ。


プロフィール

D-kmt

Author:D-kmt
通称:D

ドラゴン使いの決闘者(デュエリスト)

相棒:ホーリー・ナイト・ドラゴン

得意分野:ドラゴン族デッキ





遊戯王サイトからの相互リンクを募集しています。

遊戯王以外の話題も入れていきます(ただし、カードは遊戯王のみ)

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

カードを売るならこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム