十二獣デッキ改良のはずが・・・・・・

 こんばんは、D-kmtです。

今回の大会は2回戦敗退という結果に終わりました・・・・・・・。

前回の大会で使った「十二獣」を改良して挑みましたが、結局相手のLPに傷一つつけることができませんでした・・・・・・・・・。

現在自分が使っている「十二獣」はランク8採用型のものですが、いまいち守りが甘いようで簡単にすり抜けられ敗北というパターンです。

「十二獣ヴァィパー」の効果と「十二獣ドランシア」の効果がクセモノで、自分は「速攻のかかし」で防ごうとしたのですが相手が「ドランシア」の効果で効果対象のモンスターを破壊し「速攻のかかし」の効果不発、攻撃続行され敗北・・・・・・・・・。このときに「ヴァィパー」のエクシーズ素材にできる効果をバトルフェイズ中に使われ、フィールドの「ヴァィパー」の攻撃後効果発動「十二獣」エクシーズモンスターの素材になり更に攻撃という使い方をされました。



そんな使い方もあったのか!?



「十二獣」駆け出しの自分には衝撃でした。てか「ヴァィパー」入れてねぇ!!サイドデッキにあるぞォ!!


むぅ・・・・・・まだまだ改良が必要DA!!


因みに1回戦の相手は以前負けた「インフェルノイド」デッキの使い手でした。ただデッキの内用が変わっているようなので違うデッキかとも思いましたが、戦術は「隣の芝刈り」での墓地肥やしでした。やっぱり以前のデッキか?何はともあれ雪辱を果たすことができたのは結果的に良かったです。

しかし今回負けた相手には以前にも負けていて、どちらも完封負けをしています。流行に乗り切り札はドラゴンに繋げるという事にしたのにドラゴンは諦めろというのだろうか・・・・・・・?


そんな事をしたらDの名が泣くしこのブログのタイトル自体意味が無くなるじゃねぇか!!!


まぁ、勝つ事だけに重点をおいている相手にはコレじゃあ勝てないのかもしれません・・・・・・。でもドラゴンで勝ちたい!!もっと頑張らねば・・・・・。


今回使った「十二獣」ランク8採用型は既に内容を把握されている可能性があるので、「召喚獣」×ドラゴン族か制圧力の強いドラゴン族モンスターでねじ伏せる戦術を考えています。

次週は年末年始なので大会はありません。しかし、新しいリミット・レギュレーションが適用されるのでコレに合わせた構築が必要となります。

そういうわけで今しばらく更新はなくなります。ポケモンに忙しいので(´∀`*;)ゞ


ああ・・・・・・・・コレじゃしばらくは勝てないし優勝は夢物語だな・・・・・・・・(´・_・`)







スポンサーサイト

新パック マキシマム・クライシス 予約開始

 どうも、D-kmtです。

今月新パックが発売されました。そして次の新パック「マキシマム・クライシス」の発売が始まっています。


[予約:1/14]遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム マキシマム・クライシス(仮) 30パック入BOX

価格:4,620円
(2016/12/18 18:29時点)
感想(0件)




現在判明しているカード名はこちらです。(今後増加・変更があるので、続報は公式を確認してください)

EMスカイ・マジシャン
EMスカイ・ピューピル
EMレビュー・ダンサー
SR56プレーン
捕食植物オフリス・スコーピオ
捕食植物ダーリング・コブラ
捕食植物コーディセップス
LL-コバルト・スパロー
LL-サファイア・スワロー
LL-ターコイズ・ワーブラー
DDゴースト
ダブル・リゾネーター
覇王門零
覇王門無限
覇王眷竜ダークヴルム
真竜導士マジェスティM
真竜戦士イグニスH
真竜拳士ダイナマイトK
真竜騎将ドライアスIII世
真竜凰マリアムネ
真竜機兵ダースメタトロン
幻煌龍 スパイラル
電子光虫-LEDバグ
覇王龍ズァーク
EMガトリングール
LL-アセンブリー・ナイチンゲール
RR-エトランゼ・ファルコン
DDD盤石王ダリウス
真竜皇V.F.D.
魔術師の右手
魔術師の左手
魔術師の再演
超越融合
ドラゴニックD
真竜の継承
幻煌の都 パシフィス
幻煌龍の螺旋突
幻煌龍の螺旋絞
セフィラの神意
デュエリスト・アドベント
決別
幻影騎士団ウロング・マグネリング
常闇の契約書
真竜皇の復活
幻煌龍の戦渦
幻煌龍の浸渦
破壊剣士の揺籃
幽麗なる幻滝


アニメ「ARC-V」で活躍したカード多数に新カテゴリの追加、既存のカテゴリ強化となっています。新カテゴリの「真竜」「幻煌龍」は幻竜族モンスターを中心に専用魔法・罠カードを使うものとなっているようです。

特に「真竜」シリーズは上級・最上級モンスター中心で永続魔法・罠をアドバンス召喚のリリースにできるという前代未聞の戦術を使う事ができる驚きのカテゴリとなっていました(゚д゚)

「レイジング・テンペスト」の儀式スピリットにも驚きましたが、このパックの「真竜」には更に驚かされました。永続魔法・罠をアドバンス召喚のリリースにできるのなら任意のタイミングで永続魔法・罠を解除できる、となると・・・・・・・可能性は未知数です。どんな使い方ができるか・・・・・・・・・期待が膨らみます!!


自分が気になるのは当然ドラゴン族モンスターです。確認できる範囲では「覇王龍ズァーク」「覇王眷竜ダークヴルム」が気になります。「覇王龍ズァーク」は融合ペンデュラムモンスターだと判明しています。効果も凶悪なものでした。


覇王龍ズァーク

レベル12 闇属性 ドラゴン族 攻撃力4000 守備力4000 融合・ペンデュラム・効果モンスター

スケール  赤1    青1

モンスター効果

ドラゴン族の融合・S・X・Pモンスター1体ずつ合計4体

このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。

1:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。相手フィールドのカードを全て破壊する。

2:このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

3:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。デッキ・エクストラデッキから「覇王眷竜」モンスター1体を特殊召喚する。

4:モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。


ペンデュラム効果

1:このカードがPゾーンに存在する限り、相手フィールドの融合・S・Xモンスターは効果を発動できない。

2:1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた時に発動できる。そのカードを破壊する。



召喚条件は融合・シンクロ・エクシーズ・ペンデュラムのドラゴン族モンスターを1体ずつというとてつもなく厳しい融合素材の指定と融合召喚でしか特殊召喚できないという制約があります。

しかし、この条件は今後発売されるストラクチャーデッキ「ペンデュラム・エボリューション」に収録されている4種類の「魔術師」カードで満たす事ができます。これらを駆使すればこのカードを融合する事も楽になるはずです。そして、ひとたびフィールドに出れば凶悪効果で制圧する事ができます。

特殊召喚成功時に相手のカードのみを全て破壊、相手の効果の対象にならず効果で破壊されない、戦闘で相手モンスターを破壊した場合デッキ・EXデッキから特殊召喚できるという極悪っぷり!!

ペンデュラム効果も相手のEXデッキ封じ、ドローフェイズ以外のドロー・サーチカードを破壊するというこれまた極悪な効果を持っています((((;゚Д゚)))))))

専用デッキを組む必要がありますが、強力な事に変わりはありません。ドラゴン使いとしてはなんとしてでも手に入れねば・・・・・。



またしても型破りなシリーズが収録されたパックが発売されます。予約は期限があるので希望の方はこちらからGOで来ます。

[予約:1/14]遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム マキシマム・クライシス(仮) 30パック入BOX

価格:4,620円
(2016/12/18 18:29時点)
感想(0件)






新たなるデッキ構築の考え

 こんばんは、D-kmtです。

くどいかもしれませんが、最近はポケモンサン&ムーンのプレイを中心にしているので更新やデッキ構築は3DSの充電中としています。

現在3DSの充電中、2週間ぶりの更新を決行している次第です。


さて、先週は大会に出場しましたが、更新はしませんでした。なぜかというと、またしてもガチ勢に当たり「十二獣」デッキに瞬殺された為です・・・・・・・・○| ̄|_

あまりにもなさけなさすぎて気力が湧きませんでした。

このとき使ったのは「聖刻」デッキ、相手は「十二獣」の基本的構築で来ました。自分の「聖刻」デッキは相手に全く通じず、何もできない・できても防がれるという惨敗に終わりました・・・・・・・。

そして今回も「十二獣」デッキが相手でした。そしてまたしても敗北・・・・・・・・・。゚(゚´Д`゚)゚。


だがしかし!!


今回は惨敗で負けなかったのが救いです。抵抗の果てに敗北という進歩を遂げました。何故なら・・・・・・・・・・



今回は自分も「十二獣」デッキで臨んだからです。


そう、前回の敗北をきっかけに結果を残すにはガチ勢と同じ物を使うしかないと本気で思ったからです。今までは「聖刻」をはじめドラゴン族中心のデッキにこだわってデッキを組んでいましたが、「勝てないならドラゴン族中心を捨てるしかない」と「十二獣中心」に変えてしまったのです!!



クッ・・・・・・・・この屈辱は耐えがたい!!ドラゴン使いと在ろう者がドラゴンタクティクスを捨てなければならないとは・・・・・○| ̄|_




屈辱だ!!!!クソッタレめ!!!!!!!!!



ところがです、いざ「十二獣」でデッキを組んでみるとドラゴン族との共存が可能だという事に気付きました。現在猛威を振るっている「十二獣」がまさかドラゴン族の助けになるとは・・・・・・・・・・・。

しかも「十二獣」の欠点である戦闘能力をドラゴンで補う事ができるので「自分にしかできない「十二獣」ができるのでは?」という希望も出てきました。そして完成したデッキが今回使った「十二獣がドラゴンを呼ぶ」デッキです。そしていざ、大会へ。


相手も「十二獣」で「召喚獣」との混成デッキでした。当然自分は対十二獣カードを入れて挑みます。対策はあっさり決まったのですが、こちらのデッキの戦術が上手く決まらず時間を与えてしまい敗北・・・・・・・・。2戦目も同じでした・゚・(つД`)・゚・

今回は決して惨敗ではなくむしろ希望が見えました。やはりガチ勢に勝つには環境の戦術を使うしかありません。しかし、環境戦術にいかにしてドラゴンを組み込むかを考えるのが自分のデッキ構築術だという結論が出ました。今後はこの考え方で大会デッキを組んでいきます。

しかし・・・・・・・・この分だと優勝はまだまだ先の話だなぁ・・・・・・・・。だが頑張るしかない。








2017年 1月からの禁止・制限

 こんばんは、D-kmtです。

久々の更新は来年(来月)からのリミットレギュレーションによる禁止・制限を記載します。

今回は禁止から制限になったものが6種類ほどあります。今月発売のパックと2月発売のパックに禁止カードがエラッタされて再録されるとの情報がありました。詳細は別記事で紹介します。

では、リストを紹介します。

*赤字は規制変更されたカード

禁止カード

イレカエル
ヴィクトリー・ドラゴン
エルシャドール・ネフィリム
焔征竜-ブラスター
Emダメージ・ジャグラー
Emヒグルミ
EMモンキーボード
巌征竜-レドックス
旧神ノーデン
黒き森のウィッチ
サイバー・ポッド
処刑人ーマキュラ
ゼンマイハンター
D-HEROディスクガイ
星守の騎士プトレマイオス
同族感染ウイルス
No、16色の支配者ショック・ルーラー
ばく征竜ータイダル
ファイバーポッド
フィッシュボーグ-ガンナー
魔道サイエンティスト
メンタルマスター
八汰烏
ラヴァルバル・チェイン
嵐征竜-テンペスト
悪夢の蜃気楼
いたずら好きな双子悪魔
押収
大嵐
苦渋の選択
強引な番兵
強奪
強欲な壺
心変わり
サンダー・ボルト
次元融合
生還の宝札
大寒波
蝶の短剣-エルマ
天使の施し
早すぎた埋葬
ハリケーン
マスドライバー
魔道書の神判
突然変異
遺言状
異次元からの帰還
王宮の弾圧
第六感
ダスト・シュート
血の代償
刻の封印
ライフチェンジャー
ラストバトル!
レベル・スティーラー
マジェスペクター・ユニコーン


制限カード

A・ジェネクス・バードマン
E・HEROエアーマン
E・HEROシャドー・ミスト
EMドクロバット・ジョーカー
EMペンデュラム・マジシャン
重爆撃禽ボム・フェネクス
終末の騎士
召喚僧サモンプリースト
深海のティーヴァ
ダーク・アームド・ドラゴン
TGハイパー・ライブラリアン
深淵の暗殺者
影霊衣の術士シュリット
ネクロフェイス
爆竜剣士イグニスターP
彼岸の悪鬼スカラマリオン
彼岸の旅人ダンテ
氷結界の龍トリシューラ
封印されしエクゾディア
封印されし者の右足
封印されし者の右腕
封印されし者の左足
封印されし者の左腕
ブリューナクの影霊衣
魔界発現世行きデスガイド
メタモルポッド
ユニコールの影霊衣
竜剣士ラスターP
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
異次元からの埋葬
一時休戦
インフェルニティガン
おろかな埋葬
儀式の準備
緊急テレポート
継承の印
原書の種
機殻の生贄
死者蘇生
増援
ソウル・チャージ
超融合
手札抹殺
貪欲な壺
影霊衣の反魂術
ハーピィの羽箒
没神の帝王
ブラック・ホール
ペンデュラム・コール
マスク・チェンジ・セカンド
霞の谷の神風
名推理
揺れる眼差し
リミッター解除
竜呼相打つ
竜の渓谷
ワン・フォー・ワン
虚無空間
神の警告
神の宣告
停戦協定
破壊輪
マジカルエクスプロージョン
デビル・フランケン
マジェスペクター・ユニコーン
PSYフレームロード・Ω
レスキューキャット
氷結界の龍ブリューナク
ゴヨウ・ガーディアン
洗脳-ブレインコントロール
未来融合-フューチャー・フュージョン
王宮の勅命
SR-ベイゴマックス
氷結界の虎王ドゥローレン
餅カエル
炎舞ー「天キ」
ユニオン格納庫



準制限カード

イビリチュア・ガストクラーケ
海皇の竜騎兵
輪廻天狗
連鎖爆撃
アーティファクト-モラルタ
カオス・ソルジャー-開闢の使者-
慧眼の魔術師
真帝王領域
モンスターゲート
DDスワラル・スライム
DDラミア
ダンディライオン
聖なる魔術師



制限解除

光天使スローネ
マスマティシャン
甲虫装機ダンセル
神の写し身との接触
馬頭鬼



以上です。









W Wはきっと流行る

 こんばんは、D-kmtです。

今年もあと僅か、次のリミット・レギュレーションの改定も近くなり次はどんなデッキに規制がかかるか楽しみです。

本日大会に行ってきましたが、人数が少なく中止になりそうでした。しかし、今回から数が少ない場合は総当り戦にするということになったようで6人の大会になりました。

その中で猛威を振るったのが「W W(ウィンド・ウィッチ)」でした。元々「レイジング・テンペスト」で登場していましたが、種類は少なく特に注目していなかったので完全にノーマークでした。

しかし、最近発売された「DIMENSION BOX LIMITED EDITION」に収録された「W Wーグラス・ベル」が相当な悪さをしていました。このカードの登場により「W W」が流行りだすかもしれません。

そのデッキの戦術は連続シンクロで場を固め「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」に効果による破壊の耐性を与えて攻撃するというものでした。この戦術にまんまとハマり1戦目は負けてしまいました。

この「W Wーグラス・ベル」はチューナーであり、デッキ圧縮・サーチと多くの役目をこなします。ただし制約もあります。


W Wーグラス・ベル レベル4 風属性 魔法使い族 攻撃力1500 守備力1500 チューナー・効果モンスター

カードテキスト

「WW-グラス・ベル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「WW-グラス・ベル」以外の「WW」モンスター1体を手札に加える。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。


このカードの他に「W Wーアイス・ベル」と「W Wースノウ・ベル」を使い、耐性を持った「クリスタルウィング」をシンクロするのが今回遭遇したデッキです。更に「SR-ベイゴマックス」なども組み込まれていました。

しかしこのカード、絵がキャワワでブッッッヒィ~~~~~~~~~~!!!!!!!!(゚∀゚)

それはさておき、この「W W」はきっと流行りだすと思います。なぜなら「十二獣」や「ABC」にも匹敵する回転力を持っているからです。しかもモンスター効果を無効にする「クリスタルウィング」を速攻で召喚でき、更に耐性を与える為タチが悪いのです。

そうだと見破れずに1戦目にこのデッキと対戦し負けました・・・・・・・。


今回の大会で遭遇したのは「W W」・「DD」と「召喚獣」・「WW」・「十二獣」の混成デッキと訳分からんデッキでした。特に3種類混成デッキはガチ勢の一人だったので今回の自分のデッキはあっさり負けてしまいました・・・・・・。当然のように優勝するガチ決闘者、他は自分を含め敗者です・・・・・。ハァ・・・・・・・・(-A-)

今回自分が使ったデッキは「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」を「儀式魔神リリーサー」を使って儀式召喚し相手の特殊召喚を封じるデッキにしてみましたが、儀式召喚は元々速度が遅く事故も起きやすいので高速で勝負を決める現在の環境で使うのはほぼ不可能という事を思い知りました。(カオスMAX出せればつおいのに・・・・・・・・・)

勝ち負けは置いといて、今回から人数が少なくても開催されるという事になったので無駄足にならなくて済みそうです。次こそは狙え優勝。



遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム レイジング・テンペスト 30パック入りBOX[コナミ]《発売済・在庫品》

価格:4,160円
(2016/12/3 21:11時点)
感想(0件)



 




プロフィール

D-kmt

Author:D-kmt
通称:D

ドラゴン使いの決闘者(デュエリスト)

相棒:ホーリー・ナイト・ドラゴン

得意分野:ドラゴン族デッキ





遊戯王サイトからの相互リンクを募集しています。

遊戯王以外の話題も入れていきます(ただし、カードは遊戯王のみ)

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

カードを売るならこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

フリーエリア