効果モンスターの種類

 こんにちは、D-kmtです。

ここでは効果モンスターについて書かせていただきます。

効果モンスターの効果はいくつかの種類がありますが、この記事ではOCGの公式で使われる効果の分類で進めていきます。

永続効果

フィールドに表側で存在する限り効果を発揮できます。裏表示から表表示になった場合即座に効果適用となります。逆に裏表示になった場合やフィールドから除去された瞬間には効果の処理途中であっても効果は無効になります。

起動効果

他のカード効果処理などがない場合自分のターンに任意で発動することができます。チェーンが発生し、モンスターがフィールドを離れた場合でも効果処理がされます。ただし、発動時や効果処理時に「フィールドに存在する場合」などの条件があると発動や効果処理が無効になる場合もあります。

誘発効果

特定のタイミングで発動する効果です。効果が発動するとチェーンが組まれます。このとき、複数の効果が同時に発動する場合はチェーンを組んだ処理が行われます。次の場合は誘発効果が発動しません。

モンスターが非公開の場所に移動したとき。

ダメージステップ中。 
ただし、必ず発動する効果、自身が特殊召喚に成功したときに発動する効果、リバース効果、自身が破壊などで除去または手札に加わったときに発動する効果は発動します。

モンスターがフィールドを離れた場合でも効果処理がされます。ただし、起動効果と同じように条件があると発動されない場合があります。

リバース効果

モンスターが裏表示から表表示になったときに発動する効果です。リバース効果は誘発効果扱いにもなります。一部にはリバースしたとき意外に効果が発動、適用されるものもあります。

誘発即時効果

特定のタイミングで相手ターンでも発動できる効果です。効果発動時にはチェーンが組まれスペルスピードが2になっています。誘発即時効果のカードには「この効果は相手ターンでも発動できる」とテキストに書いている場合、相手ターンで任意に発動できる効果、カードや効果の発動を無効にする効果があります。

フィールドから離れても効果処理がされます。

ダメージステップ中には発動できません。ただし、カードや効果の発動を無効にする効果と攻撃力、守備力の増減効果は発動できます。また、攻撃力、守備力の増減効果はダメージ計算前までです。

その他の効果

ここまで紹介した効果のいずれでもない効果です。この効果はルールそのものに影響を与える効果が多いのが特徴です。



効果モンスターは今では数え切れないほどの数が存在し、効果もさまざまなのでプレイ中にトラブルが発生します。複雑な状況になったら公式の事務局に聞くことをお勧めします。

最後まで読んでくださった方々ありがとうございました。(^∇^)ノ











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

D-kmt

Author:D-kmt
通称:D

ドラゴン使いの決闘者(デュエリスト)

相棒:ホーリー・ナイト・ドラゴン

得意分野:ドラゴン族デッキ





遊戯王サイトからの相互リンクを募集しています。

遊戯王以外の話題も入れていきます(ただし、カードは遊戯王のみ)

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

カードを売るならこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム