アルティマヤ・ツィオルキン

 こんにちは、D-kmtです。

今回は、アルティマヤ・ツィオルキンを紹介します。


アルティマヤ・ツィオルキン 闇属性   攻撃力0 守備力0 シンクロ/効果モンスター  Vジャンプ(2015年2月号) 付属カード


カードテキスト

ルール上、このカードのレベルは12として扱う。

このカードはS召喚できず、自分フィールドのレベル5以上で同じレベルの、チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。

(1):1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。「パワー・ツール」Sモンスターまたはレベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。


(2):フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、攻撃対象及び、効果の対象にならない。


このカードは元々のレベルがありません。召喚条件も特殊で専用デッキを組む必要があります。出しやすいのは「聖刻龍」デッキがオススメです。他にも「タンホイザー・ゲート」の使用や植物族デッキで「コピー・プラント」の使用、「ギャラクシー・クイーンズ・ライト」の使用など意外と数多くの方法があります。このカードの使用時には効果発動のために、「くず鉄のかかし」・「砂塵の大竜巻」・「サイバー・シャドー・ガードナー」・「アーティファクト・ムーブメント」のように相手ターンで魔法・罠カードをセットできるカードを多めに採用するか、罠モンスターを「月の書」で裏側にできる仕組みを作ることが鍵になります。このカード自体型破りなカードなので他と違う方法でデッキを作りたい場合はオススメです。


このカードはレベル12として扱う効果とこのカードに書かれた条件でのみ特殊召喚できるルールに影響する2つの効果をもちます。レベル12として扱う効果は元々のレベルとして扱う効果です。カードに書かれた条件でのみ特殊召喚できる効果はシンクロ召喚扱いではありません。召喚条件を満たしても「チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる」ルール介入効果により除去された後は他の効果で特殊召喚することはできません。


1の効果は1ターンに1度任意で発動できる誘発効果でチェーンを組みます。フィールドに魔法・罠カードがセットされたときにEXデッキから「パワー・ツール」シンクロモンスターかレベル7・8のドラゴン族モンスターを特殊召喚できます。この効果での特殊召喚は正式にシンクロ召喚した扱いではないため、除去された場合は特殊召喚できません。「スターダスト・ドラゴン」の墓地から特殊召喚する効果や「ブラック・ローズ・ドラゴン」のシンクロ召喚時に発動する効果などが使えなくなりますが、起動効果に分類される効果は大抵使うことができます。この効果はダメージステップには発動できません。


2の効果は他にシンクロモンスターがいる場合に攻撃と効果の対象にならない永続効果です。しかし、対象を取らない効果には対応していないので過信はできません。



このカードは漫画版5D'sでゴドウィンが使用し、「1万年前に天空城セイバルにて封印されていた究極神」として登場し「遊星VSレクス・ゴドウィン」戦で効果により「決闘竜(デュエル・ドラゴン)」をEXデッキから次々と特殊召喚し遊星を苦しめます。しかし、遊星が罠カード「ハーモニック・ジオグリフ」により、シンクロ・チューナーだった「閃こう竜 スターダスト」とゴドウィンのフィールド・墓地の決闘竜5体をシンクロ素材として「聖こう神竜 スターダスト・シフル」をシンクロ召喚され、その戦闘の際に自身の効果で攻撃力4000となり、自身の破壊を防ぎつつ「聖こう神竜 スターダスト・シフル」と伏せカードを破壊しようとしたが防がれ、逆に破壊されます。
しかし、これが罠カード「陰陽合祀」発動条件になり、魔法カード「陰陽超和」の発動条件が成立したことで「究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン」のシンクロ召喚に繋がることになりました。


このカードは再録はされていません。


以上、アルティマヤ・ツィオルキンの紹介でした。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

D-kmt

Author:D-kmt
通称:D

ドラゴン使いの決闘者(デュエリスト)

相棒:ホーリー・ナイト・ドラゴン

得意分野:ドラゴン族デッキ





遊戯王サイトからの相互リンクを募集しています。

遊戯王以外の話題も入れていきます(ただし、カードは遊戯王のみ)

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

カードを売るならこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム