基本ルールについて  用意するもの

 こんにちは、D-kmt です。

この記事では、OCGのもっとも基本になっているルールについて書いていきます。

ゲームを始める前に用意するものと場合により必要なものを紹介します。


用意するもの

40枚~60枚のデッキ、15枚までのエクストラデッキ、15枚までのサイドデッキ、計算機、筆記用具

最低でもこれらは必要です。




場合により必要なもの

サイコロ、コイン、カウンター、モンスタートークン

これらはカードのテキストにより必要なもです。


さて、ここまで専門用語がいくつか出ているので説明します。


デッキ


これがなければゲームができない、なくてはならないカードの束です。種類にはメインデッキ、エクストラデッキ、サイドデッキの3種類に分かれます。メインデッキは40枚~60枚まで入れることができます。


エクストラ(EX)デッキ


ここには、特殊な手順で出せるモンスターカードを15枚まで入れることができます。この枚数は、ゲーム開始時のものでゲーム中にカードの効果で戻すなど15枚以上になるときはそのまま増えていきます。また、メインデッキとは違い必ず15枚入れる必要はないので使わないこともあります。



サイドデッキ


OCGは3戦し先に2勝した方が勝ちのマッチ戦形式が基本で、1戦終わったときに相手に合わせてメインデッキから交換する、戦術を変えるなどの役割をもつのがサイドデッキです。EXデッキと同じく必ず15枚入れる必要はないのでサイドデッキがないプレイヤーもいるかもしれません。


カウンター

カードの効果に「カウンターを載せる」と書かれている場合必要になります。持っていないときは、代用品でも問題はありません。


モンスタートークン

カードの効果に「トークンを召還する」と書かれている場合必要になります。カウンターと同じく代用品でも問題はありませんが、トークンの場合は縦と横が判るものが必要です。(理由は別の記事で)


これらが揃えばあとは対戦相手を見つけてプレイすることができます。


この記事が役に立てれば幸いです。 最後まで読んでくださった方々ありがとうございました。(^∇^)ノ 




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

D-kmt

Author:D-kmt
通称:D

ドラゴン使いの決闘者(デュエリスト)

相棒:ホーリー・ナイト・ドラゴン

得意分野:ドラゴン族デッキ





遊戯王サイトからの相互リンクを募集しています。

遊戯王以外の話題も入れていきます(ただし、カードは遊戯王のみ)

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

カードを売るならこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム