聖刻 エネアード型 基本構成

 こんばんは、D-kmtです。

今回は、聖刻のエネアード型基本構成を投稿します。


このブログの通常ドラゴン族紹介でほぼ全てのものに名前を出していますが、いよいよ本格的にデッキ構成を投稿しようと思います。

タイトルにはエネアード型と付けましたが、レベル8の聖刻の構成はほぼこの様な形に落ち着きます。

ただし、この記事での紹介はあくまで自分が考えたものなので他にも参考になる構成があると思います。

また、EXデッキのモンスターも構成や環境により変わってくると思うので状況に合わせて交換することがいいと思います。

では、そろそろ構成を紹介します。




赤字は制限、青字は準制限カード


モンスターカード

聖刻龍ートゥフェニドラゴン×3
聖刻龍ーシユウドラゴン×3
聖刻龍ーアセトドラゴン×3
聖刻龍ードラゴンゲイヴ×3
神龍の聖刻印×2
バトル・フェーダー×3
冥府の使者ゴーズ×2
青眼の白龍×1


魔法カード

召集の聖刻印×3
超再生能力×2
魔法石の採掘×2
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
死者蘇生×1
貪欲な壺×1

龍の鏡×1
ヘルモスの爪×1
復活の福音×2
禁じられた聖槍×2


罠カード

トラップ・スタン×2


EXデッキ

聖刻神龍ーエネアード×3
No.107銀河眼の時空竜×1
No.62銀河眼の光子竜皇×2
No.95ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン×2
銀河眼の光波竜×1
ギャラクシーアイズ・FA・フォトン・ドラゴン×2
サンダーエンド・ドラゴン×1
神竜騎士フェルグラント×1
F・G・D×1
真紅眼の黒竜剣×1





構成上、ほぼ聖刻モンスターがデッキの大半を埋めています。また、効果の特性上、通常モンスターを採用しなければ機能しないので、共通点があるものや効果的な通常モンスターを採用する必要があります。これは、聖刻共通のデッキ構築の掟のようなものとも受け止められます。

動かし方は、召集の聖刻印を使い、聖刻龍ートゥフェニドラゴン・聖刻龍ーシユウドラゴンをサーチし特殊召喚。

聖刻龍ーシユウドラゴンの効果も使いながら攻撃準備を整え、聖刻の特徴である通常モンスターを特殊召喚する効果を使いモンスターを揃え、ランク8をエクシーズし攻撃が基本となります。

超再生能力があるなら発動し、次の相手ターンに備えられるバトル・フェーダーや冥府の使者ゴーズをドローすることを狙います。

相手フィールドを空にした所で、龍の鏡かヘルモスの爪を発動し、止めを刺すのがこの構成の狙いです。



超再生能力は魔法石の採掘を使って再度利用することで、倍のドローを可能にします。魔法石の採掘を使う前に発動できれば、2体の聖刻を捨て再度発動することにより、4枚ドローが可能です。他に捨てる、リリースしている場合は更なるドローが可能です。この場合はエンドフェイズの手札調整で捨てないように枚数を調節することが必要です。

エクシーズ召喚には聖刻の効果を使い特殊召喚し素材を揃える事が基本となっていますが、補助として復活の福音を組み込んでいます。これは素材がレベル8であり、エクシーズ素材を揃えるだけでなく、いざという時に1枚採用している青眼の白龍を戦力として使うことを狙ったものです。また、復活の福音は2の効果でドラゴン族を守るためにも使えます。

切り札を守るために禁じられた聖槍とトラップ・スタンを採用し、合わせて復活の福音の2の効果も使うことで守りも抜かりなくこなせるようにしています。

EXデッキはエネアードをはじめ、ギャラクシーアイズシリーズを多く採用しています。銀河眼の光波竜で相手モンスターを奪い、No.95ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴンを重ねてエクシーズし、相手モンスターを殲滅し銀河眼の光波竜で直接攻撃、サンダーエンド・ドラゴンで効果発動、復活の福音の2の効果で他のモンスターを守り総攻撃、No.107銀河眼の時空竜で聖刻の効果で下がったステータスを戻して攻撃などの戦法を取ることができます。

エネアードをエクシーズし効果発動、フィールドを空にしたらF・G・Dを龍の鏡で特殊召喚し攻撃できればゲームエンドにできます。ヘルモスの爪と他の聖刻や通常ドラゴンがあれば真紅眼の黒竜剣を特殊召喚し装備、攻撃でも似た動きができます。後者の場合、墓地のドラゴン族の数次第でエネアード1体でも勝利可能です。





このデッキの欠点ですが、聖刻は特殊召喚封じ、除外戦術・効果が極端に苦手です。この型以外でも共通の弱点となり、対策をしておかなければあっさり負けることも珍しくありません。

特殊召喚封じにはライオウを始め、フォッシルダイナ・パキケファロ・霧の王などがあり、除外にはマクロ・コスモス・DDクロウなどがあります。この他にも特定の弱点として、光属性の効果を封じる閃光を吸い込むマジック・ミラー、下がった攻撃力を突く連鎖除外があり、連鎖除外は発動されれば通常モンスターを除外されデッキの機能が失われます。また滅多にないことですが、リリースそのものを封じる生け贄封じの仮面もデッキを壊滅させます。

これらを防ぐためにトラップ・スタンや禁じられた聖槍を採用しています。






以上が聖刻エネアード型基本構成の動かし方です。

聖刻デッキは他にも沢山の構成や戦術を秘めているので、思いついた・発見した時は試作構成を投稿しようと思います。




カードを売るならこちら、販売もしています。




こちらは買取です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

D-kmt

Author:D-kmt
通称:D

ドラゴン使いの決闘者(デュエリスト)

相棒:ホーリー・ナイト・ドラゴン

得意分野:ドラゴン族デッキ





遊戯王サイトからの相互リンクを募集しています。

遊戯王以外の話題も入れていきます(ただし、カードは遊戯王のみ)

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

カードを売るならこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム