化合獣デッキ 

 こんにちは、D-kmtです。

最近のカードでデッキ製作、今回は「化合獣」で構築してみました。

種類は少ない「化合獣」ですが、それぞれの効果が上手くかみ合っていて面白い動きが出来るものとなっています。

今回作成したデッキはほとんど「化合獣」のみですが、関係しているカードや「お、これいいんじゃね?」と思ったものを一部入れてみました。


では、構築を紹介します。

*赤字は制限・青字は準制限



モンスターカード


化合獣オキシン・オックス×3
化合獣ハイドロン・ホーク×3
化合獣カーボン・クラブ×3
進化合獣ヒュードラゴン×2
進化合獣ダイオーキシン×2
ジャンク・シンクロン×3
クリッター×2


魔法カード

化合電界×3
テラ・フォーミング×3
龍の鏡×3
調律×3
スーペルヴィス×2
アームズ・ホール×2
闇の量産工場×1
ハーピィの羽根帚×1
手札抹殺×1



罠カード

完全燃焼×3



EXデッキ

超化合獣メタン・ハイド×3
超合魔獣ラプテノス×1
始祖竜ワイアーム×2
サンダーエンド・ドラゴン×1
熱血指導王ジャイアントレーナー×1
ジャンク・ウォリアー×3


「化合獣」モンスターは「超化合獣メタン・ハイド」以外は全てデュアルモンスターです。効果を使うには召喚権を使い再度召喚する必要があり、再度召喚状態にする事ができる「スーペルヴィス」召喚権を増やす「化合電界」を駆使して効果を使える状態にし、「化合獣カーボン・クラブ」の効果を中心にデッキを動かします。



化合獣カーボン・クラブ

レベル2 炎属性 水族 攻撃力700 守備力1400 デュアル・効果モンスター

カードテキスト


1:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。

2:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。

・自分メインフェイズに発動できる。デッキからデュアルモンスター1体を墓地へ送る。その後、デッキからデュアルモンスター1体を手札に加える。
「化合獣カーボン・クラブ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。



この効果を使い、デッキ圧縮と必要な「化合獣」を手札に持ってきます。1ターンに1度の制限はありますが、墓地肥やしとサーチを同時に行えるのは圧倒的に有利になります。この効果を使うには再度召喚状態にする必要があり、「化合電界」と「スーペルヴィス」を使えば素早く再度召喚状態に出来ます。また、この効果で墓地にモンスターが増えるので、デュアルモンスター2体で融合でき、フィールドに存在する限り再度召喚状態に出来る「超合魔獣ラプテノス」とデュアルモンスターの特徴であるフィールド・墓地では通常モンスター扱いになる事で「始祖竜ワイアーム」を融合できるように「龍の鏡」を採用しています。


「化合獣カーボン・クラブ」をはじめ、デュアルモンスターを再度召喚状態にするキーカードとして「化合電界」「スーペルヴィス」を使います。

化合電界

フィールド魔法

1:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分はレベル5以上のデュアルモンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。この効果は1ターンに1度しか適用できない。

2:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにデュアルモンスター1体を召喚できる。

3:1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。自分フィールドのもう1度召喚した状態のデュアルモンスター1体を相手のエンドフェイズまで除外し、対象のカードを破壊する。


スーペルヴィス

装備魔法

デュアルモンスターにのみ装備可能。

1:装備モンスターはもう1度召喚された状態として扱う。

2:表側表示のこのカードがフィールドから墓地へ送られた場合、自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動する。そのモンスターを特殊召喚する。



これらの効果を使い、デュアルモンスターの効果を使えるようにします。そして「化合獣カーボン・クラブ」の効果でサーチと墓地肥やしを行います。「化合電界」の1の効果のおかげでレベル8の「進化合獣ダイオーキシン」「進化合獣ヒュードラゴン」をリリース無しで召喚でき、更に効果を使えるようにする事もできます。また、「スーペルヴィス」は効果を使えるようにするだけではなく、フィールドから墓地へ送られた場合に墓地の通常モンスターを特殊召喚できるので、「化合獣カーボン・クラブ」に使い、効果で上級の「進化合獣」を墓地へ送り、除去された場合に特殊召喚できる状況を作っておくのがオススメです。これらをサーチするために「テラ・フォーミング」「アームズ・ホール」を使います。

進化合獣ダイオーキシン

レベル8 悪魔族 攻撃力2800 守備力200 デュアル・効果モンスター

カードテキスト

1:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。

2:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。

・このカードがモンスターゾーンに存在する限り、デュアルモンスターの召喚は無効化されない。

・1ターンに1度、自分の墓地のデュアルモンスター1体を除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。




このデッキの切り札となる「超化合獣メタン・ハイド」はランクが8のエクシーズモンスターであるため「進化合獣」でエクシーズする事になりますが、「化合獣オキシン・オックス」の効果でエクシーズをサポートでき、比較的簡単にエクシーズする事ができます。

化合獣オキシン・オックス

レベル2 風属性 獣族 攻撃力0 守備力2100 デュアル・効果モンスター

カードテキスト

1:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。

2:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。

・自分メインフェイズに発動できる。手札からデュアルモンスター1体を特殊召喚し、自分フィールドの全てのデュアルモンスターのレベルはターン終了時まで、この効果で特殊召喚したモンスターの元々のレベルと同じになる。「化合獣オキシン・オックス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。


超化合獣メタン・ハイド

ランク8 炎属性 獣戦士族 攻撃力3000 守備力3000 エクシーズ・効果モンスター

カードテキスト

レベル8デュアルモンスター×2

1:このカードがX召喚に成功した時、自分の墓地のデュアルモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

2:X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は自分フィールドのデュアルモンスターを攻撃対象にできず、効果の対象にもできない。

3:デュアルモンスターが召喚に成功した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。相手は自身の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送らなければならない。



「化合獣オキシン・オックス」は、効果で手札のデュアルモンスターを特殊召喚し、特殊召喚したデュアルモンスターと同じレベルに出来るので、高ランクエクシーズモンスターを召喚する際に大いなる助けとなるモンスターです。「超化合獣メタン・ハイド」はエクシーズ素材がデュアルモンスターである事が条件ですが「化合獣」デッキではほぼ全てのモンスターがデュアルなので気にする必要はありません。また、デュアルモンスターの性質で「サンダーエンド・ドラゴン」もエクシーズ可能なので、こちらをエクシーズして効果で相手モンスターを全滅させるのもアリです。ただ、こちらは可能であればなので外しても大した問題はありません。他にも特殊召喚する数が多くなる事を想定し、ドローと効果ダメージを与える事ができる「熱血指導王ジャイアントレーナー」を採用していますが、こちらも「あれば便利」程度なので必要ない場合は外しても問題はありません。


サポート用の罠カード「完全燃焼」は化合獣を除外してデッキから2体の「化合獣」を特殊召喚でき、墓地からこのカードを除外する事で除外されたデュアルモンスターを再度召喚状態で特殊召喚する事ができます。


完全燃焼

通常罠

「完全燃焼」は1ターンに1枚しか発動できない。

1:自分フィールドの表側表示の「化合獣」モンスター1体を除外して発動できる。デッキから「化合獣」モンスター2体を特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

2:相手モンスターの直接攻撃宣言時に、墓地のこのカードを除外し、除外されている自分のデュアルモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはもう1度召喚された状態として扱う。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。


このカードを使い、レベル8の「進化合獣」を特殊召喚し「超化合獣メタン・ハイド」などの高ランクエクシーズモンスターを召喚できます。このカードを使えば、通常モンスター扱いのデュアルが2体フィールドに揃うので、先に出した「サンダーエンド・ドラゴン」「熱血指導王ジャイアントレーナー」もエクシーズしやすくなります。


「化合獣」関係以外のカードはモンスターに「クリッター」「ジャンク・シンクロン」魔法カードに「闇の量産工場」「調律」を採用しています。

「クリッター」は低レベルの「化合獣」をサーチするために採用、「ジャンク・シンクロン」は低レベル「化合獣」のレベルが2であり、「化合獣ハイドロン・ホーク」の効果を駆使することでフィールドに並べ、「ジャンク・ウォリアー」の自身を強化する効果で攻撃力を大幅に上げる事を狙っての採用です。「ジャンク・シンクロン」の採用により「調律」を採用しています。


化合獣ハイドロン・ホーク

レベル2 水属性 鳥獣族 攻撃力1400 守備力700 デュアル・効果モンスター 

カードテキスト

1:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。

2:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。

・手札を1枚捨て、自分の墓地のデュアルモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
「化合獣ハイドロン・ホーク」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。



この他、デュアルモンスターの性質により「闇の量産工場」を採用しています。



このデッキの欠点は、主にデュアルモンスターの性質・「化合獣」のステータスの低さ・「化合電界」の除去が足を引っ張ります。特に「化合電界」を除去されると、大半を依存している分機能そのものがほぼ停止してしまい挽回できなくなります。「スーペルヴィス」で補ってはいますが、こちらもなくなった場合は対処できなくなります。サイドデッキで補うしか対策はありません。

ステータスの低さは「化合獣オキシン・オックス」の守備力、「完全燃焼」で上級「進化合獣」を特殊召喚できればある程度補えますがそれでも十分ではないので、「調律」を減らして防御用のカードを採用するのもいいと思います。

デュアルの性質として再度召喚状態にしないと効果が発揮できないので、「化合電界」を突かれるとただの低ステータスの弱小モンスターになります。この辺は「完全燃焼」で上級「進化合獣」を特殊召喚することで補えます。他には、サイドデッキに召喚権を増やす「二重召喚」を入れておくのも一つの手です。



今回は「化合獣」を中心に採用したので、このような構成になりました。他にももっと効果的な構築方法があるはずなので思案してみると面白いはずです。特に「化合電界」の1の効果・「完全燃焼」の2の効果は、全てのデュアルモンスターに使え、デュアルの可能性を大幅に広げているので、「化合獣」以外のデッキ構築にも使えます。これを期にデュアルモンスターがもっと活躍できるデッキが作れるようになるとOCGの可能性はまた広がるはずです。今後「化合獣」とデュアルが強化される事を祈ります。



カードを売るならこちら、販売もしています。



こちらは買取です。



こちらもどうぞ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

D-kmt

Author:D-kmt
通称:D

ドラゴン使いの決闘者(デュエリスト)

相棒:ホーリー・ナイト・ドラゴン

得意分野:ドラゴン族デッキ





遊戯王サイトからの相互リンクを募集しています。

遊戯王以外の話題も入れていきます(ただし、カードは遊戯王のみ)

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

カードを売るならこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム