新生ジャック・アトラス風デッキ

こんばんは、D-kmtです。

今回は、「レッド・ライジング・ドラゴン」を中心にしたジャック・アトラス風に仕上がりました。

ライバルコレクションで登場した「レッド・ライジング・ドラゴン」を使い、シンクロドラゴンで攻めるデッキです。

この構築に使ったカードは「レッド・デーモンズ・ドラゴン」「えん魔竜レッド・デーモン」シリーズを切り札に、「レッド・ライジング・ドラゴン」の効果を活かせる構築に仕上げてみました。構築上、アニメシリーズ「5Ds’」「ARC-V」で登場するジャック・アトラスの使用するカードが大半を占めているので、「ジャックデッキ」として扱われるものです。今回「レッド・ライジング・ドラゴン」が登場した事により、新しい構築が可能となりました。今回はその一例を投稿します。

では、構築を紹介します。


*赤字は制限カード


モンスターカード

レッド・スプリンター×3
レッド・リゾネーター×3
ダーク・リゾネーター×3
チェーン・リゾネーター×2
バリア・リゾネーター×2
クリエイト・リゾネーター×1
シンクローン・リゾネーター×1
聖鳥クレイン×3
クレーン・クレーン×2

魔法カード

コール・リゾネーター×3
共鳴破×2
リゾネーター・エンジン×2
スケープ・ゴート×3
禁じられた聖槍×2
ブラック・ホール×1
ハーピィの羽根帚×1
死者蘇生×1
ソウル・チャージ×1


罠カード

スカーレッド・カーペッド×2
闇次元の開放×2


EXデッキ

レッド・ライジング・ドラゴン×3
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト×2
スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン×1
えん魔竜レッド・デーモン×2
えん魔竜レッド・デーモン・アビス×2
えん魔竜レッド・デーモン・ベリアル×1
えん魔竜王レッド・デーモン・カラミティ×1
TGハイパー・ライブラリアン×1
フォーミュラー・シンクロン×2


この構築では「レッド・ライジング・ドラゴン」をシンクロするためにレベル6のシンクロギミックを搭載しています。チューナーに「レッド・リゾネーター」を採用し効果で「聖鳥クレイン」を特殊召喚しドロー、または「レッド・スプリンター」を使い「レッド・リゾネーター」を特殊召喚しライフを回復を狙います。

レッド・リゾネーター

レベル2 炎属性 悪魔族 攻撃力600 守備力200 チューナー・効果モンスター ブースターSP-ハイスピード・ライダーズ収録

カードテキスト

「レッド・リゾネーター」の2の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1:このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。

2:このカードが特殊召喚に成功した時、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。





レッド・スプリンター

レベル4 炎属性 悪魔族 攻撃力1700 守備力1200 効果モンスター ブースターSP-ハイスピード・ライダーズ収録

カードテキスト

「レッド・スプリンター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分フィールドに他のモンスターが存在しない場合に発動できる。自分の手札・墓地からレベル3以下の悪魔族チューナー1体を選んで特殊召喚する。




聖鳥クレイン

レベル4 光属性 鳥獣族 攻撃力1600 守備力400 効果モンスター 暗黒の侵略者 収録

カードテキスト

このカードが特殊召喚した時、このカードのコントローラーはカードを1枚ドローする。




この組み合わせを中心に「レッド・ライジング・ドラゴン」をシンクロし、1の効果で「レッド・リゾネーター」を特殊召喚し「レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト」「えん魔竜レッド・デーモン」をシンクロし攻撃するのがこのデッキの基本になります。可能であれば「えん魔竜レッドデーモン・アビス」「えん魔竜レッド・デーモン・ベリアル」をシンクロするのも有効です。「えん魔竜レッド・デーモン・ベリアル」をシンクロでき、「レッド・ライジング・ドラゴン」の2の効果が使えるようになれば「えん魔竜王レッド・デーモン・カラミティ」もシンクロ可能です。ただ、「レッド・ライジング・ドラゴン」をシンクロした時にレベル3の「リゾネーター」があれば「えん魔竜レッドデーモン・アビス」をシンクロする場合がほとんどなので、状況に合わせての使い分けができます。

この他にも、墓地に「リゾネーター」が多くあり、「スカーレッド・カーペッド」を発動できる状況であれば、「レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト」からの「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」のシンクロが可能になります。


この構築で採用している「リゾネーター」モンスターは全てチューナーなので、いつでもシンクロ可能な状態にするために「スケープ・ゴート」を採用し、「リゾネーター」をサーチする「コール・リゾネーター」シンクロ召喚を成功させるたびにカードを破壊できる「共鳴破」を駆使し有利な状況にもって行きます。



コール・リゾネーター

通常魔法

1:デッキから「リゾネーター」モンスター1体を手札に加える。




共鳴破

永続魔法

このカードがフィールド上に存在する限り、「リゾネーター」と名のついたモンスターがシンクロ素材として墓地へ送られる度に、
相手フィールド上に存在するカードを1枚選択して破壊する。このカードは発動後2回目の自分のエンドフェイズ時に破壊される。




スケープ・ゴート

速攻魔法

このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。

1:自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。


「スケープ・ゴート」を使えば、相手の攻撃を防ぐ事をメインに「TGハイパー・ライブラリアン」「フォーミュラー・シンクロン」をシンクロ可能になり、「チェーン・リゾネーター」で他のリゾネーターをデッキから特殊召喚すればこの2種類を並べる事も可能です。特に「フォーミュラー・シンクロン」はチューナーでもあるので、「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」のシンクロ補助や効果を活かす事ができ、相性は抜群です。またどちらもドロー効果を持っているので、手札の増強もできます。

その他の採用については「レッド・デーモンズ」「レッド・デーモン」シンクロモンスターを守るために「禁じられた聖槍」、「レッド・ライジング・ドラゴン」の2の効果を使った後や除外された場合の「闇次元の開放」、「レッド・リゾネーター」の効果でライフが大幅に回復可能なため「ソウル・チャージ」を採用しています。


このデッキの欠点は、特殊召喚封じ・除外戦術などです。危険カードとして永続罠「暗闇を吸い込むマジックミラー」があり、闇属性モンスターの効果を全て無力化されます。このデッキはシンクロドラゴンが闇属性だらけなので、効果を無力化されると大幅に戦力が低下してしまいます。ステータスは高いのである程度持ちますが、それでも脅威である事に変わりはないので「サイクロン」などの除去カードをサイドデッキに用意しておきます。除外カードにも対応できますがまだ不十分なので、除外からの特殊召喚カードなどを用意しておけば対応は可能です。


ジャック・アトラスといえば、シグナーの一人・キング・遊星のライバルと思いつきますが、この中で自分が印象に残っているのはキングとしてのジャックです。「5D’s」「ARC-V」と登場しますが、どちらもキングとして登場し決め台詞が最高です。そして一番印象に残っています。

自分はどのシリーズでもライバル役のほうが気に入る事が多いです。海馬瀬人・天城カイトそしてジャック・アトラス、どれもドラゴン族が切り札になっているからかもしれませんが、自分にはない強さを持っているので憧れの対象でもあると思います。(現実にいるとイヤなヤツばかりですが)

それは置いといて、この辺で構築紹介を終わりにしたいと思います。

今回は「キング」ジャック・アトラスの決め台詞で終わらせて頂きます。


キングは一人!!この俺だ!!!!!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

D-kmt

Author:D-kmt
通称:D

ドラゴン使いの決闘者(デュエリスト)

相棒:ホーリー・ナイト・ドラゴン

得意分野:ドラゴン族デッキ





遊戯王サイトからの相互リンクを募集しています。

遊戯王以外の話題も入れていきます(ただし、カードは遊戯王のみ)

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

カードを売るならこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム