忘れられた2枚のカード

 こんばんは、D-kmtです。

今回は面白いと思ったもの第2弾を投稿し、忘れられたカードにスポットを当ててみたいと思います。

今回は2種類紹介します。何故かと言うとこの2枚はセットで使わなければ意味がないからです。(ただし例外がある)

では、2種類を紹介します。


大神官デ・ザード

レベル6 闇属性 魔法使い族 攻撃力1900 守備力2300 効果モンスター Pharaonic Guardian -王家の守護者- 収録

カードテキスト

このカードが戦闘によってモンスターを破壊する度に以下の効果を得る。

・1回目:フィールド上に表側表示で存在するこのカードを対象とする魔法・罠カードが発動した時、その発動を無効にし破壊する。

・2回目:このカードをリリースする事で、自分の手札・デッキから「不死王リッチー」1体を特殊召喚する。


再録

DUELIST LEGACY Volume.5
BEGINNER'S EDITION 2
BEGINNER'S EDITION 2(第7期)





不死王リッチー

レベル7 闇属性 アンデッド族 攻撃力2600 守備力2900 効果モンスター  Pharaonic Guardian -王家の守護者- 収録


カードテキスト

このカードは通常召喚できない。「大神官デ・ザード」の効果で特殊召喚する事ができる。

このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。

このカードがリバースした時、自分の墓地に存在するアンデット族モンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードを対象とする魔法・罠カードが発動した時、その発動を無効にし破壊する。


再録

DUELIST LEGACY Volume.5
BEGINNER'S EDITION 2
BEGINNER'S EDITION 2(第7期)




さて、見ての通りこの2枚はセットで投入しないと意味はほとんどありません。特に「不死王リッチー」は「大神官デ・ザード」の効果で特殊召喚することになります。単独では使う事ができない非常に使いにくいカードです。

「大神官デ・ザード」も上級モンスターで「不死王リッチー」と違い魔法使い族なので、アンデッド族サポートが受けられないため使いにくさが目立ちます。また、上級モンスターにも拘らず攻撃力は1900と低めのため現在ではレベル4以下で攻撃力2000のモンスターに力負けしてしまいます。

これらの事により実戦ではほぼ使われる事はありません。


しかし、「不死王リッチー」は「アンデッドワールド」発動状況で1ターンに1度ではあるものの毎回モンスターを特殊召喚することができ、「大神官デ・ザード」は攻撃力をカバーし連続攻撃ができるようにするカードを使えば1ターンで「不死王リッチー」を特殊召喚することができます。


デッキ構築に関してはアンデッド族寄りになりますが、「大神官デ・ザード」をどうやって使うかが鍵となります。メインになるのは特殊召喚ですが、「魔導召喚士テンペル」を使うのが有効です。しかしコレには欠点があり、特殊召喚後はすぐに「不死王リッチー」を特殊召喚できない・「魔導召喚士テンペル」の効果発動に「魔導書」カードが必要ということです。デッキ構築も「魔導書」寄りになるのでここに「不死王リッチー」が入るとバランスが崩れます。

ここは「おろかな埋葬」などでデッキから「大神官デ・ザード」を墓地へ送り特殊召喚するのがいいのではないでしょうか?


「不死王リッチー」はモンスター特殊召喚の他に対象に取る魔法・罠カードを無効にすることができるので、特殊召喚すれば現在の環境でも生き残る事ができる可能性は高めです。しかし、もう一つの効果で裏側表示になった時にはこの耐性は聞かなくなるので注意が必要です。また、このカードは正式な手順で特殊召喚すれば墓地や除外からも特殊召喚が可能です。特殊召喚効果は同名カードも特殊召喚できるので、毎回使う事ができればフィールドのモンスターが尽きることは少なくなります。

「不死王リッチー」を特殊召喚する際には裏技的なものとして「青天の霹靂」を使う事で「大神官デ・ザード」がなくても特殊召喚ができます。更に、「不死王リッチー」の裏側守備表示にする効果により「青天の霹靂」のデメリットを防ぐ事ができ、そのままフィールドに留まる事も可能です。ただし、正式な特殊召喚ではないので除去されたら再び特殊召喚はできなくなります。


効果の分類に付いては「大神官デ・ザード」の効果は誘発即時効果と起動効果、「不死王リッチー」は永続効果と誘発効果に分類されます。



これらを使ってデッキ構成を考えてみたいところですが、最近実戦に戻り今までのデッキ構築案が所詮は机上の理論でしかないと気付きどうしようかと思っています。でも、それらを元に使えるようなデッキが作られれば幸いです。机上の理論でも元になる可能性がある限りデッキ構築を投稿していこうと思います。

今回の2種類を使ったデッキ構築は今後気が向いたらということで。


それではまた、面白いものを見つけてきたら紹介しますので次回をお楽しみに。








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

D-kmt

Author:D-kmt
通称:D

ドラゴン使いの決闘者(デュエリスト)

相棒:ホーリー・ナイト・ドラゴン

得意分野:ドラゴン族デッキ





遊戯王サイトからの相互リンクを募集しています。

遊戯王以外の話題も入れていきます(ただし、カードは遊戯王のみ)

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

カードを売るならこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム