捕食植物と召喚獣デッキを作って実験してみた

 こんにちは、D-kmtです。

現在 ポケモン サン&ムーン プレイ中ですが、3DSの充電中なので合間を縫って記事を作成しております。

さて、最近発売されたこちらのパック

遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースタースペシャル フュージョン・エンフォーサーズ 15パック入りBOX[コナミ]《発売済・在庫品》

価格:2,317円
(2016/11/23 15:12時点)
感想(0件)



この中に収録されている「捕食植物」と「召喚獣」シリーズを使ってデッキを作製し実際に動かしてみました。

以前開封した時に手に入れた枚数と手持ちのカードで組んでみたところ、どちらも優秀なシリーズだという事が感じ取れました。

特に「召喚獣」はデッキが上手く回転するのでとても強いデッキだと思います。「捕食植物」も負けずに優秀さを発揮してくれました。こちらでは「捕食植物サンデウ・キンジー」が特に優秀な性能を持ち、決まれば逆転できる程の効果でした。

次はどのようにデッキを作製したかですが、「捕食植物」は「捕食カウンター」を使い「捕食植物サンデウ・キンジー」の効果で相手のモンスターを除去しながら融合し攻撃、墓地の「捕食植物スピノ・ディオネア」を「カメンレオン」で特殊召喚しシンクロを狙う事を中心とし、「轟雷帝ザボルグ」の効果でEXデッキのモンスターを墓地へ送り「捕食植物キメラフレシア」の効果発動と「グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」の効果コストの確保をする事をしようという内容にしています。

それでは実験的に作ったデッキの内用を公開します。

*赤字は制限カード


モンスターカード

捕食植物サンデウ・キンジー×3
捕食植物スピノ・ディオネア×3
捕食植物セラセニアント×3
捕食植物フライ・ヘル×3
捕食植物スキッド・ドロセーラ×3
捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ×2
カメンレオン×3
轟雷帝ザボルグ×1

魔法カード

プレデター・プランター×2
捕食接ぎ木×2
超栄養太陽×2
闇の誘惑×2
ダーク・バースト×2
アームズ・ホール×2
置換融合×1
ミラクル・フュージョン×1
平行世界融合×1
ハーピィの羽根帚×1
死者蘇生×1


罠カード

捕食惑星×2


EXデッキ

グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2
C・HEROカオス×2
M・HERO暗鬼×3
捕食植物キメラフレシア×1
ギガンティック・ファイター×3
ダークエンド・ドラゴン×1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト×1


カードが足りないですが、当たったカードと手持ちのカードで何とかしようという発想です。実験なので今回はこのようになりました。

続いて実験用「召喚獣」デッキを公開します。こちらは「召喚士アレイスター」と「召喚魔術」が互いにサーチ・再利用ができるようになっており、メインデッキのモンスターの種類が少ない事と、融合を中心としている事から共通点の多い「E・HERO」と混ぜてみました。「E・HERO」もサーチ能力が高く、「召喚獣」融合モンスターと同じように特定の属性を必要とする融合モンスターがいるので必要に応じて使い分けができると睨んでいます。

では実験用デッキを公開します。


*赤字は制限カード


モンスターカード

召喚士アレイスター×2
E・HEROアナザー・ネオス×3
E・HEROエアーマン×1
E・HEROシャドー・ミスト×1

E・HEROプリズマー×1
E・HEROブレイズマン×1
速攻のかかし×3
沼地の魔神王×3
クリッター×2
メタモルポッド×1
召喚僧サモンプリースト×1


魔法カード

召喚魔術×2
法の聖典×3
暴走魔法陣×3
テラ・フォーミング×2
融合×2
ミラクル・フュージョン×2
Eーエマージェンシーコール×2
超融合×1
増援×1

融合回収×1

罠カード

魔法名ー「大いなる獣」×2


EXデッキ

召喚獣カリギュラ×1
召喚獣ライディーン×2
召喚獣コキュートス×2
召喚獣プルガ・トリオ×2
召喚獣メガラニカ×2
召喚獣メルカバー×1
E・HERO The シャイニング×1
E・HEROアブソルートZero×1
E・HERO Great TORNADO×1
E・HEROガイア×1
E・HEROノヴァ・マスター×1


いざ、実験開始!!10回対戦させ、結果は・・・・・・・・・・・7対3で「召喚獣」が圧勝でした。


やはり「召喚士アレイスター」と「召喚魔術」のサーチは驚異的な性能を見せてくれました。「E・HERO」もサーチ力があり、どちらも手札消費が少なく融合できるという優秀な共通点があるので、融合召喚後も手札が4枚ほど残す事が可能でした。多い時は5枚も残る場合があります。しかも「ミラクル・フュージョン」で墓地の「召喚獣」融合モンスターを除外しながら強力な効果を持つ融合「E・HERO」を召喚でき、「魔法名ー「大いなる獣」」で除外した「召喚獣」を特殊召喚できるので圧倒的な戦線を構築できました。

また、速攻魔法「法の聖典」は融合召喚扱いで「召喚獣」を特殊召喚できるのでいざという時やバトルフェイズ中の追撃に使う事ができ、破壊・効果の対象にされようものなら「召喚獣コキュートス」で守りに入る事も可能でした。しかも「コキュートス」は守備表示で攻撃が可能なので、守備表示で出してもそのまま追撃が可能という見事な活躍ぶりでした。

「E・HERO」も相当な活躍をし、「召喚獣」融合までの繋ぎだけではなくそのまま攻め込むことができるので、融合モンスターを含め大半が1枚ずつしか入れていないにも関わらず圧倒的なサーチ力と強力な効果で場を制圧していました。時にはそのまま勝利する事もありました。


「召喚獣」デッキの結果は優秀と判断、このままの路線で調節していこうと思います。



残念な結果になった「捕食植物」デッキは要因として手札事故が多く、戦闘能力が単独ではほぼ皆無でありシンクロ用の「捕食植物スピノ・ディオネア」が墓地に無い「カメンレオン」が手札に無いという事が多かったので、一度解体して再度構築する必要がありました。しかし、「捕食植物サンデウ・キンジー」の効果が優秀な事に変わりはなく、手札2枚で融合可能なので「捕食植物サンデウ・キンジー」を素早く手札に加え、融合素材を揃えるかが「捕食植物」デッキの鍵である事に変わりはありませんでした。

「轟雷帝ザボルグ」はこのカードを中心にする必要があるのでこの構築には不要でした。(分かり切った事だと突っ込まないで!)というわけで、「HERO」融合モンスターは不要という事になります。

「捕食植物」は「スピノ・ディオネア」以外は単独の戦闘能力はほぼ皆無ですが、効果は強力であり、「捕食植物セラセニアント」は防御・除去・サーチと3つの役目をこなし、「捕食植物フライ・ヘル」は単独で強力モンスターを除去でき、「捕食植物スキッド・ドロセーラ」は特殊召喚モンスター全てにカウンターを置く事ができるので上手くデッキを構築できれば厄介なデッキになる事は間違いないでしょう。



こちらはどう見ても失敗作、ただカードの能力は高いので、上手く構築すれば相手にとって厄介なデッキに化ける事が可能と判断しました。もう一度「サンデウ・キンジー」を中心とし、再構築していく路線でいきます。



2つのデッキを作って使ってみた感想は「召喚獣」は敵に回したらかなり厄介で対策には苦労しそうだと思い、「捕食植物」は面白いカテゴリだと思いました。どちらがいいかと言われると甲乙付けがたいですが、面白いと思う事と切り札がドラゴン族という事を考えると「捕食植物」デッキがいいです。どちらが強いかと言われれば迷うことなく「召喚獣」です。

今後「召喚獣」は環境に入り込んでくると強く思うようになりました。これだけの能力を持つカードはなかなか無いので警戒が必要です。自分が作ったみたいにどれ程の「召喚獣」デッキが作られているかも気になります。「捕食植物」デッキは上手く作れたものがあるかが気になりますなぁ。



おやおや?この記事作成終了間際に3DSの充電が完了したようです。自分はポケモンプレイに戻ります。次回はいつになるか分かりませんがまた次回お会いしましょう。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

D-kmt

Author:D-kmt
通称:D

ドラゴン使いの決闘者(デュエリスト)

相棒:ホーリー・ナイト・ドラゴン

得意分野:ドラゴン族デッキ





遊戯王サイトからの相互リンクを募集しています。

遊戯王以外の話題も入れていきます(ただし、カードは遊戯王のみ)

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

カードを売るならこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム