基本ルールについて  自分のターンでできること 相手のターンでできること

 こんにちは、D-kmtです。

ここでは、自分のターンにできることを細かく書かせていただきます。

自分のターンにできることを大きく分けると


モンスターの召喚


魔法、罠カードの発動とセット


モンスターの効果発動

があります。

相手のターンでは


魔法、罠カードの発動


モンスター効果の発動

があります。

モンスターの召喚は1ターンに1回となっています。これを通常召喚といいます。これとは別に魔法、罠、モンスター効果による召喚方法がありこれを特殊召喚といい1ターンに可能な限り何度でもできます。また、特殊召喚はカードの効果次第で相手のターンにできる場合もあります。特殊召喚はさらに細かく分類されるものがありますがここでは除外します。


通常召喚には、モンスターのレベル(星)が関係します。レベル1~4のモンスターはそのまま手札から出せますが、レベル5以上のモンスターはレベル1~4のモンスターをフィールドから墓地へ送る必要があります。このとき、モンスターのレベルが5か6なら1体、7から上は2体を墓地に送らなければなりません。

墓地に送る行為をリリース、リリースしてモンスターを召喚した場合をアドバンス召喚といいます。

中には例外もあり、決められた数をリリースしなければならないものも存在します。

モンスター召喚は最大5体まで召喚できます。



魔法、罠カードのセットは最大5枚までできます。魔法カードは手札から直接使えます。

罠カードは一度セットして次の相手ターンから使うことができます。

ただ、すでに5枚セットされている場合は魔法カードを手札から使う、魔法、罠カードのセットができなくなるので注意が必要です。

魔法、罠カードも更に細かく分類され魔法カードの中には相手ターンに使えるものもあります。

例外もありカードの効果次第では相手ターンにセットできる場合があり、罠カードを手札から使える場合もあります。


次にモンスターの効果発動ですが、モンスターカードには効果を持つものが沢山存在します。基本的には自分のターンで発動できますが、中には相手ターンで使えるものもあります。

これらの行動がOCGのものですが、この流れに更にチェーンという概念が関係してきます。チェーンについては専用記事を書きますので、そちらを御覧ください。

最後まで読んでいただいた方々ありがとうございました。(^∇^)ノ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

D-kmt

Author:D-kmt
通称:D

ドラゴン使いの決闘者(デュエリスト)

相棒:ホーリー・ナイト・ドラゴン

得意分野:ドラゴン族デッキ





遊戯王サイトからの相互リンクを募集しています。

遊戯王以外の話題も入れていきます(ただし、カードは遊戯王のみ)

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

カードを売るならこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム