スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W Wはきっと流行る

 こんばんは、D-kmtです。

今年もあと僅か、次のリミット・レギュレーションの改定も近くなり次はどんなデッキに規制がかかるか楽しみです。

本日大会に行ってきましたが、人数が少なく中止になりそうでした。しかし、今回から数が少ない場合は総当り戦にするということになったようで6人の大会になりました。

その中で猛威を振るったのが「W W(ウィンド・ウィッチ)」でした。元々「レイジング・テンペスト」で登場していましたが、種類は少なく特に注目していなかったので完全にノーマークでした。

しかし、最近発売された「DIMENSION BOX LIMITED EDITION」に収録された「W Wーグラス・ベル」が相当な悪さをしていました。このカードの登場により「W W」が流行りだすかもしれません。

そのデッキの戦術は連続シンクロで場を固め「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」に効果による破壊の耐性を与えて攻撃するというものでした。この戦術にまんまとハマり1戦目は負けてしまいました。

この「W Wーグラス・ベル」はチューナーであり、デッキ圧縮・サーチと多くの役目をこなします。ただし制約もあります。


W Wーグラス・ベル レベル4 風属性 魔法使い族 攻撃力1500 守備力1500 チューナー・効果モンスター

カードテキスト

「WW-グラス・ベル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「WW-グラス・ベル」以外の「WW」モンスター1体を手札に加える。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。


このカードの他に「W Wーアイス・ベル」と「W Wースノウ・ベル」を使い、耐性を持った「クリスタルウィング」をシンクロするのが今回遭遇したデッキです。更に「SR-ベイゴマックス」なども組み込まれていました。

しかしこのカード、絵がキャワワでブッッッヒィ~~~~~~~~~~!!!!!!!!(゚∀゚)

それはさておき、この「W W」はきっと流行りだすと思います。なぜなら「十二獣」や「ABC」にも匹敵する回転力を持っているからです。しかもモンスター効果を無効にする「クリスタルウィング」を速攻で召喚でき、更に耐性を与える為タチが悪いのです。

そうだと見破れずに1戦目にこのデッキと対戦し負けました・・・・・・・。


今回の大会で遭遇したのは「W W」・「DD」と「召喚獣」・「WW」・「十二獣」の混成デッキと訳分からんデッキでした。特に3種類混成デッキはガチ勢の一人だったので今回の自分のデッキはあっさり負けてしまいました・・・・・・。当然のように優勝するガチ決闘者、他は自分を含め敗者です・・・・・。ハァ・・・・・・・・(-A-)

今回自分が使ったデッキは「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」を「儀式魔神リリーサー」を使って儀式召喚し相手の特殊召喚を封じるデッキにしてみましたが、儀式召喚は元々速度が遅く事故も起きやすいので高速で勝負を決める現在の環境で使うのはほぼ不可能という事を思い知りました。(カオスMAX出せればつおいのに・・・・・・・・・)

勝ち負けは置いといて、今回から人数が少なくても開催されるという事になったので無駄足にならなくて済みそうです。次こそは狙え優勝。



遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム レイジング・テンペスト 30パック入りBOX[コナミ]《発売済・在庫品》

価格:4,160円
(2016/12/3 21:11時点)
感想(0件)



 




十二獣許さん!!

 こんばんは、D-kmtです。

本日大会に行ってきました。今回は参加者が多くガチ勢が多かったのもあり、またしても初戦敗退という情けない結果に終わりました・・・・・。てかガチ勢強すぎ○| ̄|_

しかし、今回の特徴は悔しさと呆れと迷いが生じた大会でした。何故ならガチ勢の大半が「十二獣」デッキまたは他のデッキに「十二獣」ギミックを使用していた事です。

この事に対し負けて悔しい。ほとんど同じようなものでドイツコイツも同じもんばっか使いやがって!!呆れた。でも確かに強いし使うのは仕方ない、俺も使うか・・・・・・?

という様な感情と考えが浮かびました。


さて、この「十二獣」ですが一番のクセモノは「十二獣モルモラット」です。

十二獣モルモラット レベル4 地属性 獣戦士族 攻撃力0 守備力0 効果モンスター  レイジング・テンペスト 収録

カードテキスト

1:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「十二獣」カード1枚を墓地へ送る。

2:このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。

・1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。手札・デッキから「十二獣モルモラット」1体を特殊召喚する。



そう、コイツが1体でも手札にあればデッキが高速回転し手札も消費を抑え更に伏せカードまで伏せる事ができるチートっぷり!!

何故そのような事が可能なのか!?それはこのカテゴリのエクシーズモンスターに答えがあります。次の2種類が特にクセモノです。

十二獣タイグリス ランク4 獣戦士族 攻撃力? 守備力? エクシーズ・効果モンスター レイジング・テンペスト収録

カードテキスト

レベル4モンスター×3

「十二獣タイグリス」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

1:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。

2:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドのXモンスター1体と自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。その「十二獣」モンスター1体をそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。



十二獣ワイルドボウ ランク4 地属性 攻撃力? 守備力? エクシーズ・効果モンスター レイジング・テンペスト 収録

カードテキスト

レベル4モンスター×5

「十二獣ワイルドボウ」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

1:このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。

2:このカードは相手に直接攻撃できる。

3:持っているX素材の数が12以上のこのカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。相手の手札・フィールドのカードを全て墓地へ送り、その後、このカードは守備表示になる。




「十二獣」エクシーズモンスターは共通の召喚条件として1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。という召喚条件があります。これは「十二獣」モンスターが1体でもフィールドに存在すれば1体でエクシーズできるという事なのです。

加えて「十二獣タイグリス」は2の効果が「十二獣モルモラット」と相性が抜群な上に最初に「モルモラット」を召喚後に効果でもう1枚の「モルモラット」をデッキから墓地へ送れば「タイグリス」の2の効果で墓地の「モルモラット」と入れ替えるという形で実質素材消費0で「モルモラット」と「タイグリス」がフィールドに並びます。更にここから「モルモラット」を素材に「十二獣ブルホーン」をエクシーズでき、効果で「十二獣」モンスターを特殊召喚することが可能です。更にここからエクシーズ・・・・・・・・・


いい加減にしろやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!! ε=ε=(怒゚Д゚)ノ

自分は先週・その前の週とコレにやられました。そして今日もやられましたε=ε=(怒゚Д゚)ノ


さすがにコレだけやられたので、とうとうブチキレました。こいつらを徹底的に叩き潰す!!あるいは無力化させるには・・・・・・・・・・さて、どうするか・・・・。


思いつくのは特殊召喚をさせない、「次元障壁」を使う、「連鎖除外」で「モルモラット」を根こそぎ除外等を思いついていますが、他に有効なものがあれば採用してみたいです。

ボードアドも相当なもので約3体、多いときには4体・5体もエクシーズモンスターが並ぶ事があり、最終的には「十二獣ドランシア」を残し相手ターンに備え次のターンで消されるのが定番でした。

次はコイツ等を潰す・無力化するデッキを考えて挑みます。因みに今回参加したときのデッキは「召喚獣・HERO混成型」です。以前の記事で作製したものを調整してサイドデッキを作ったものです。一応「十二獣」対策を入れていましたが、今回も対処できずただただやられっぱなしでした・・・・・・。


では、今回はここまで。また大会に出たら結果と感想を投稿します。

遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム レイジング・テンペスト 30パック入りBOX[コナミ]《発売済・在庫品》

価格:4,160円
(2016/11/27 20:50時点)
感想(0件)







捕食植物と召喚獣デッキを作って実験してみた

 こんにちは、D-kmtです。

現在 ポケモン サン&ムーン プレイ中ですが、3DSの充電中なので合間を縫って記事を作成しております。

さて、最近発売されたこちらのパック

遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースタースペシャル フュージョン・エンフォーサーズ 15パック入りBOX[コナミ]《発売済・在庫品》

価格:2,317円
(2016/11/23 15:12時点)
感想(0件)



この中に収録されている「捕食植物」と「召喚獣」シリーズを使ってデッキを作製し実際に動かしてみました。

以前開封した時に手に入れた枚数と手持ちのカードで組んでみたところ、どちらも優秀なシリーズだという事が感じ取れました。

特に「召喚獣」はデッキが上手く回転するのでとても強いデッキだと思います。「捕食植物」も負けずに優秀さを発揮してくれました。こちらでは「捕食植物サンデウ・キンジー」が特に優秀な性能を持ち、決まれば逆転できる程の効果でした。

次はどのようにデッキを作製したかですが、「捕食植物」は「捕食カウンター」を使い「捕食植物サンデウ・キンジー」の効果で相手のモンスターを除去しながら融合し攻撃、墓地の「捕食植物スピノ・ディオネア」を「カメンレオン」で特殊召喚しシンクロを狙う事を中心とし、「轟雷帝ザボルグ」の効果でEXデッキのモンスターを墓地へ送り「捕食植物キメラフレシア」の効果発動と「グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」の効果コストの確保をする事をしようという内容にしています。

それでは実験的に作ったデッキの内用を公開します。

*赤字は制限カード


モンスターカード

捕食植物サンデウ・キンジー×3
捕食植物スピノ・ディオネア×3
捕食植物セラセニアント×3
捕食植物フライ・ヘル×3
捕食植物スキッド・ドロセーラ×3
捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ×2
カメンレオン×3
轟雷帝ザボルグ×1

魔法カード

プレデター・プランター×2
捕食接ぎ木×2
超栄養太陽×2
闇の誘惑×2
ダーク・バースト×2
アームズ・ホール×2
置換融合×1
ミラクル・フュージョン×1
平行世界融合×1
ハーピィの羽根帚×1
死者蘇生×1


罠カード

捕食惑星×2


EXデッキ

グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2
スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×2
C・HEROカオス×2
M・HERO暗鬼×3
捕食植物キメラフレシア×1
ギガンティック・ファイター×3
ダークエンド・ドラゴン×1
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト×1


カードが足りないですが、当たったカードと手持ちのカードで何とかしようという発想です。実験なので今回はこのようになりました。

続いて実験用「召喚獣」デッキを公開します。こちらは「召喚士アレイスター」と「召喚魔術」が互いにサーチ・再利用ができるようになっており、メインデッキのモンスターの種類が少ない事と、融合を中心としている事から共通点の多い「E・HERO」と混ぜてみました。「E・HERO」もサーチ能力が高く、「召喚獣」融合モンスターと同じように特定の属性を必要とする融合モンスターがいるので必要に応じて使い分けができると睨んでいます。

では実験用デッキを公開します。


*赤字は制限カード


モンスターカード

召喚士アレイスター×2
E・HEROアナザー・ネオス×3
E・HEROエアーマン×1
E・HEROシャドー・ミスト×1

E・HEROプリズマー×1
E・HEROブレイズマン×1
速攻のかかし×3
沼地の魔神王×3
クリッター×2
メタモルポッド×1
召喚僧サモンプリースト×1


魔法カード

召喚魔術×2
法の聖典×3
暴走魔法陣×3
テラ・フォーミング×2
融合×2
ミラクル・フュージョン×2
Eーエマージェンシーコール×2
超融合×1
増援×1

融合回収×1

罠カード

魔法名ー「大いなる獣」×2


EXデッキ

召喚獣カリギュラ×1
召喚獣ライディーン×2
召喚獣コキュートス×2
召喚獣プルガ・トリオ×2
召喚獣メガラニカ×2
召喚獣メルカバー×1
E・HERO The シャイニング×1
E・HEROアブソルートZero×1
E・HERO Great TORNADO×1
E・HEROガイア×1
E・HEROノヴァ・マスター×1


いざ、実験開始!!10回対戦させ、結果は・・・・・・・・・・・7対3で「召喚獣」が圧勝でした。


やはり「召喚士アレイスター」と「召喚魔術」のサーチは驚異的な性能を見せてくれました。「E・HERO」もサーチ力があり、どちらも手札消費が少なく融合できるという優秀な共通点があるので、融合召喚後も手札が4枚ほど残す事が可能でした。多い時は5枚も残る場合があります。しかも「ミラクル・フュージョン」で墓地の「召喚獣」融合モンスターを除外しながら強力な効果を持つ融合「E・HERO」を召喚でき、「魔法名ー「大いなる獣」」で除外した「召喚獣」を特殊召喚できるので圧倒的な戦線を構築できました。

また、速攻魔法「法の聖典」は融合召喚扱いで「召喚獣」を特殊召喚できるのでいざという時やバトルフェイズ中の追撃に使う事ができ、破壊・効果の対象にされようものなら「召喚獣コキュートス」で守りに入る事も可能でした。しかも「コキュートス」は守備表示で攻撃が可能なので、守備表示で出してもそのまま追撃が可能という見事な活躍ぶりでした。

「E・HERO」も相当な活躍をし、「召喚獣」融合までの繋ぎだけではなくそのまま攻め込むことができるので、融合モンスターを含め大半が1枚ずつしか入れていないにも関わらず圧倒的なサーチ力と強力な効果で場を制圧していました。時にはそのまま勝利する事もありました。


「召喚獣」デッキの結果は優秀と判断、このままの路線で調節していこうと思います。



残念な結果になった「捕食植物」デッキは要因として手札事故が多く、戦闘能力が単独ではほぼ皆無でありシンクロ用の「捕食植物スピノ・ディオネア」が墓地に無い「カメンレオン」が手札に無いという事が多かったので、一度解体して再度構築する必要がありました。しかし、「捕食植物サンデウ・キンジー」の効果が優秀な事に変わりはなく、手札2枚で融合可能なので「捕食植物サンデウ・キンジー」を素早く手札に加え、融合素材を揃えるかが「捕食植物」デッキの鍵である事に変わりはありませんでした。

「轟雷帝ザボルグ」はこのカードを中心にする必要があるのでこの構築には不要でした。(分かり切った事だと突っ込まないで!)というわけで、「HERO」融合モンスターは不要という事になります。

「捕食植物」は「スピノ・ディオネア」以外は単独の戦闘能力はほぼ皆無ですが、効果は強力であり、「捕食植物セラセニアント」は防御・除去・サーチと3つの役目をこなし、「捕食植物フライ・ヘル」は単独で強力モンスターを除去でき、「捕食植物スキッド・ドロセーラ」は特殊召喚モンスター全てにカウンターを置く事ができるので上手くデッキを構築できれば厄介なデッキになる事は間違いないでしょう。



こちらはどう見ても失敗作、ただカードの能力は高いので、上手く構築すれば相手にとって厄介なデッキに化ける事が可能と判断しました。もう一度「サンデウ・キンジー」を中心とし、再構築していく路線でいきます。



2つのデッキを作って使ってみた感想は「召喚獣」は敵に回したらかなり厄介で対策には苦労しそうだと思い、「捕食植物」は面白いカテゴリだと思いました。どちらがいいかと言われると甲乙付けがたいですが、面白いと思う事と切り札がドラゴン族という事を考えると「捕食植物」デッキがいいです。どちらが強いかと言われれば迷うことなく「召喚獣」です。

今後「召喚獣」は環境に入り込んでくると強く思うようになりました。これだけの能力を持つカードはなかなか無いので警戒が必要です。自分が作ったみたいにどれ程の「召喚獣」デッキが作られているかも気になります。「捕食植物」デッキは上手く作れたものがあるかが気になりますなぁ。



おやおや?この記事作成終了間際に3DSの充電が完了したようです。自分はポケモンプレイに戻ります。次回はいつになるか分かりませんがまた次回お会いしましょう。






新パックフュージョン・エンフォーサーズの内容

 どうも、D-kmtです。

今回は新発売のパック「ブースターSP フュージョン・エンフォーサーズ」の内容と新カードを紹介します。

遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースタースペシャル フュージョン・エンフォーサーズ 15パック入りBOX[コナミ]《発売済・在庫品》

価格:2,317円
(2016/11/19 19:43時点)
感想(0件)




まずは収録内容です。

捕食植物セラセニアント
捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ
捕食植物プテロペンテス
捕食植物スピノ・ディオネア
捕食植物サンデウ・キンジー
捕食植物フライ・ヘル
捕食植物モーレイ・ネペンテス
捕食植物スキッド・ドロセーラ
捕食植物キメラフレシア
グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン
プレデター・プランター
捕食接ぎ木
捕食惑星
ファーニマル・オクト
ファーニマル・ペンギン
ファーニマル・ドッグ
ファーニマル・オウル
エッジインプ・シザー
エッジインプ・チェーン
デストーイ・ハーケン・クラーケン
デストーイ・シザー・ウルフ
デストーイ・シザー・タイガー
デストーイ・チェーン・シープ
トイポット
魔玩具融合
召喚師アレイスター
召喚獣カリギュラ
召喚獣ライディーン
召喚獣コキュートス
召喚獣プルガトリオ
召喚獣メガラニカ
召喚獣メルカバー
召喚獣エリュシオン
暴走魔法陣
召喚魔術
法の聖典
魔法名-「大いなる獣」
幻想召喚師
召喚僧サモンプリースト
沼地の魔神王
置換融合
簡易融合
超融合
融合回収
鳳翼の爆風

レア度にはシークレット・スーパーとあります。レア度については以下の通りです。

シークレット 

グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン
デストーイ・ハーケン・クラーケン
召喚獣エリュシオン

スーパー

捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ
捕食植物サンデウ・キンジー
捕食植物キメラフレシア
プレデター・プランター
ファーニマル・オクト
デストーイ・シザー・タイガー
召喚師アレイスター
召喚獣カリギュラ
召喚獣ライディーン
召喚獣メルカバー
召喚獣エリュシオン
召喚魔術
超融合

このシリーズは1箱買うとシークレットが1枚・スーパーレアが5枚入っています。因みにこれは自分の体験談です。封入率は大体こんな感じですが、封入率が違うものもあるかもしれません。ランダムではありますが箱で買うのがいいと思います。現在シングルで買うと「召喚士アレイスター」「召喚魔術」は1枚1400円ほどかそれ以上掛かります。(自分が行った店での値段を参考にしました)


この中で特に注目するべきなのは「召喚獣」シリーズです。まずはカードの効果を御覧ください。


召喚士アレイスター レベル4 闇属性 魔法使い族 攻撃力1000 守備力1000 効果モンスター

カードテキスト

1:このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

2:このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。




召喚獣カリギュラ レベル4 闇属性 獣族 攻撃力1000 守備力1800 融合・効果モンスター

カードテキスト

「召喚師アレイスター」+闇属性モンスター

1:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いに、それぞれ1ターンに1度しかモンスターの効果を発動できず、それぞれのバトルフェイズにモンスター1体でしか攻撃できない。



召喚獣ライディーン レベル5 風属性 戦士族 攻撃力2200 守備力2400 融合・効果モンスター

カードテキスト

「召喚師アレイスター」+風属性モンスター

1:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。



召喚獣コキュートス レベル6 水属性 ドラゴン族 攻撃力1800 守備力2900 融合・効果モンスター 

カードテキスト

「召喚師アレイスター」+水属性モンスター

1:このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

2:このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。その場合、攻撃力の数値を適用してダメージ計算を行う。



召喚獣プルガトリオ レベル7 炎属性 悪魔族 攻撃力2300 守備力2000 融合・効果モンスター

カードテキスト

召喚師アレイスター」+炎属性モンスター

1:このカードの攻撃力は、相手フィールドのカードの数×200アップする。

2:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。


召喚獣メガラニア レベル8 地属性 岩石族 攻撃力3000 守備力3300 融合モンスター

カードテキスト

「召喚師アレイスター」+地属性モンスター



召喚獣メルカバー レベル9 光属性 機械族 攻撃力2500 守備力2100 融合・効果モンスター

カードテキスト 

「召喚師アレイスター」+光属性モンスター

1:1ターンに1度、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし除外する。



召喚獣エリュシオン レベル10 光属性 天使族 攻撃力3200 守備力4000 融合・効果モンスター

カードテキスト

「召喚獣」モンスター+エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター

このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。

1:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「闇」「地」「水」「炎」「風」としても扱う。

2:1ターンに1度、自分のフィールド・墓地の「召喚獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスター及びそのモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスターを全て除外する。この効果は相手ターンでも発動できる。



暴走魔法陣

フィールド魔法

「暴走魔法陣」は1ターンに1枚しか発動できない。

1:このカードの発動時の効果処理として、デッキから「召喚師アレイスター」1体を手札に加える事ができる。

2:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。



召喚魔術

通常魔法

「召喚魔術」の2の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1:融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。

2:このカードが墓地に存在する場合、除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。



法の聖典

速攻魔法

「法の聖典」は1ターンに1枚しか発動できない。

1:自分フィールドの「召喚獣」モンスター1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターと元々の属性が異なる「召喚獣」モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。



魔法名ー「大いなる獣」

通常罠

1:除外されている自分の「召喚獣」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。





このシリーズはデッキの軸となる「召喚士アレイスター」と「召喚魔術」がサーチと再利用しやすい組み合わせであり、「暴走魔法陣」は「テラ・フォーミング」でサーチでき発動すれば「召喚士アレイスター」がサーチできるということです。「召喚士アレイスター」をサーチした後は「召喚魔術」や「融合」で各融合「召喚獣」を融合できます。

「召喚魔術」は融合モンスターを融合召喚するカードであり、「召喚獣」を融合召喚する場合は自分フィールドだけでなく、自分と相手の墓地からも素材を選択して融合できます。ただし、カードに書いてあるとおり「召喚獣」以外の融合モンスターを融合する場合は手札のみ、相手の墓地から素材を除外する場合はフィールド融合のみと条件があります。しかし、この条件を引いても高性能なカードである事に変わりはないので3枚フルに投入するのが基本になります。

「法の聖典」は「召喚獣」融合モンスターをリリースし、融合召喚扱いで別の融合「召喚獣」を特殊召喚できます。速攻魔法なのでバトルフェイズ中に発動すれば更なる追撃ができ、相手の除去に対して発動すれば除去を回避できる可能性があります。1ターンに1度しか発動できず、他の属性のモンスターしか特殊召喚できない制約がありますが、このカードも強力である事は変わりありません。

「魔法名ー大いなる獣」は「法の聖典」等で除外した融合「召喚獣」モンスターを任意で可能な限り特殊召喚できます。同名カードは1枚まで、守備表示という制限はあるものの、強力な融合モンスターを数体特殊召喚できるのでこちらも強力です。


デッキの動きとしては「召喚士アレイスター」を召喚し「召喚魔術」をサーチ、「召喚魔術」で融合モンスターを召喚し攻撃が基本となります。この地点で相手の墓地を素材に融合できれば手札2枚で融合召喚ができるという破格の性能です。

手札に「召喚士アレイスター」がない場合は「暴走魔法陣」を発動すればサーチでき、「暴走魔法陣」がなくても「テラ・フォーミング」があれば体勢を整える事が可能です。この場合相手の墓地を利用できれば通常の融合召喚と同じく3枚の消費となります。

この様に融合召喚の最大の欠点である手札消費の多さを軽減でき、強力モンスターを召喚出来るという高性能なシリーズなのです。今後環境に入ってくる可能性が大きいと睨んでいます。


この他にも注目度・期待度が大きいものを紹介します。


捕食植物サンデウ・キンジー レベル2 闇属性 植物族 攻撃力600 守備力200 効果モンスター

カードテキスト

「捕食植物サンデウ・キンジー」の2の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が融合素材とする捕食カウンターが置かれたモンスターの属性は闇属性として扱う。

2:自分メインフェイズに発動できる。闇属性の融合モンスターカードによって決められた、フィールドのこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド及び相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスターの中から選んで墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。



捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ レベル5 闇属性 植物族 攻撃力800 守備力2300 効果モンスター

カードテキスト

「捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ」の1の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、2の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1:このカードは自分または相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスター1体をリリースした場合に手札・墓地から特殊召喚できる。

2:このカードがフィールド・墓地に存在する場合、このカード以外の自分の墓地の「捕食植物」モンスター1体を除外し、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は500ダウンする。この効果は相手ターンでも発動できる。




捕食植物セラセニアント レベル1 闇属性 植物族 攻撃力100 守備力600 効果モンスター

カードテキスト 

「捕食植物セラセニアント」の3の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1:相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

2:このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。その相手モンスターを破壊する。

3:フィールドのこのカードが効果で墓地へ送られた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。デッキから「捕食植物セラセニアント」以外の「プレデター」カード1枚を手札に加える。 



捕食植物スピノ・ディオネア レベル4 闇属性 植物族 攻撃力1800 守備力0 効果モンスター

カードテキスト

1:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。

2:このカードがこのカードのレベル以下のレベルを持つモンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。デッキから「捕食植物スピノ・ディオネア」以外の「捕食植物」モンスター1体を特殊召喚する。



捕食植物キメラフレシア レベル7 闇属性 植物族 攻撃力2500 守備力2000 融合・効果モンスター

カードテキスト

「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター

1:1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。

2:このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、このカードの攻撃力は1000アップする。

3:このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。



捕食接ぎ木

装備魔法

1:自分の墓地の「捕食植物」モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。



捕食惑星

永続罠

「捕食惑星」の1の効果は1ターンに1度しか使用できない。

1:このカードが魔法&罠ゾーンに存在し、捕食カウンターが置かれているモンスターがフィールドから離れた場合に発動する。
デッキから「プレデター」カード1枚を手札に加える。

2:墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の手札・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。この効果で融合召喚する場合、「捕食植物」モンスターしか融合素材にできない。



この「捕食植物」シリーズはこのパックでようやくデッキが組めるようになりました。今までは3種類しかなかったものが一気に増え、強力なものも収録されています。

この中で特に期待・注目が高いのは「捕食植物サンデウ・キンジー」です。このカードは「捕食カウンター」が乗っているモンスターを闇属性として扱い、2の効果で相手のモンスターを融合素材にできます。このカードを使って融合召喚するモンスターは主に「捕食植物キメラフレシア」になるでしょう。また、2枚の消費で融合が可能なので「捕食植物」デッキであればこのカードが軸になります。「捕食カウンター」は「捕食植物フライ・ヘル」「捕食植物スピノ・ディオネア」などの「捕食植物」モンスターの効果で乗せる事ができます。


「捕食植物セラセニアント」は防御・除去・サーチと3つの役目を単独でこなし、相手のターンに使えるという強力な防御カードです。ステータスは低いものの、このカードを戦闘破壊しようものなら攻撃したモンスターは破壊されます。その後にサーチ効果が発動するのでうかつに手を出せなくなります。サーチ効果は方法を問わず墓地に送られれば発動します。このように便利なカードではありますが万能ではないので過信はできません。


「捕食植物キメラフレシア」は「捕食植物」と闇属性という非常に緩い条件で融合できます。このカードを融合するには「捕食植物サンデウ・キンジー」を使えば相手モンスターを除去しつつ融合できるのでこの組み合わせが中心となります。また、どこからでも墓地へ送られれば「融合」「フュージョン」と名のつくカードをサーチできるので、この効果のみを活かした戦術を取る事ができ、EXデッキから直接墓地へ送るカードとの組み合わせを使えば面白い動きができます。融合召喚している場合は「捕食接ぎ木」で蘇生できるので相性は抜群です。


他のカードは「ファーニマル」「エッジインプ」「デス・トーイ」の新カードや再録カードで構成されています。再録には「召喚僧サモンプリースト」「簡易融合」「超融合」「沼地の魔神王」と有用なカードも収録されているので、オススメのパックです。融合デッキを作りたい決闘者には特にオススメしたいパックですが、この様に使えるカードが多いので売り切れるのは速いと思います。また、箱買いならシークレットが1枚・スーパーレアが5枚と入っているのでランダムではあるものの箱買いをオススメします。


購入を希望の方はこちらから注文できます。

新品カード 遊戯王アーク・ファイブ OCG ブースターSP フュージョン・エンフォーサーズ BOX

価格:2,250円
(2016/11/19 21:56時点)
感想(0件)


遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースターSP フュージョン・エンフォーサーズ 15パック入りBOX

価格:2,310円
(2016/11/19 21:56時点)
感想(0件)


★【 即日出荷 】新品 遊戯王ARC-V ブースターSP フュージョン・エンフォーサーズ

価格:2,280円
(2016/11/19 21:56時点)
感想(0件)


遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースタースペシャル フュージョン・エンフォーサーズ 15パック入りBOX[コナミ]《発売済・在庫品》

価格:2,317円
(2016/11/19 21:57時点)
感想(0件)


遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム ブースターSP フュージョン・エンフォーサーズ BOX コナミデジタルエンターテイメント【小型便対応】

価格:2,317円
(2016/11/19 21:57時点)
感想(0件)


【即日出荷】遊戯王 アークV ブースターSP フュージョン・エンフォーサーズ 1050【ネコポス不可:宅配便のみ対応】

価格:2,317円
(2016/11/19 21:58時点)
感想(0件)



凶悪デッキ降臨

 こんばんは、D-kmtです。

大会に行ってまいりました。

本日の大会は・・・・・・初・戦・敗・退・゚・(つД`)・゚・

ウワァァァァァン!!!!!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。


今回はガチ勢に当たったせいか当たったデッキが悪かったか、いや・・・・両方です。やはり環境デッキは強すぎです。

対戦相手は「ABC」デッキでした。つーかABCなんてほぼ対処不能じゃねーか!!!!いや、できなくはないけど・・・・・・・・。

しかし、最近出てきた「十二獣」シリーズと「ABC」を組み合わせたデッキがあるということを知り一応警戒してサイドを組んだのですが・・・・・・・・・

初戦がその「ABC」と「十二獣」の混成デッキでした・・・・・Σ(゚д゚|||)


1戦目は「ABC」と知り今回落としてもサイドで対処してやると思った矢先、「A」が出てきた後に「モルモラット」が出てきて

ハア!?Σ(゚д゚|||)状態でした。この瞬間、一気に戦意を失いました・・・・・・・・・。

ウソだろオイ・・・・・・・・・・・・、こんなのどうしろってんだ!?

サイドデッキで対策を入れたものの、対処しきれず敗北しました・・・・・・・・・・゚・(つД`)・゚・


元々「十二獣」は悪さをすると睨んでいましたが、想像以上に悪い奴でした。「ABC」と「十二獣」、どちらもよく回るデッキですが、この2つが合わさるとボードアドバンテージが凄まじい事になります。今回はその有様を身を持って思い知りました○| ̄|_

うーむ・・・・・・・・この連中を黙らせるには特殊召喚封じが必須だな。しかし、どんな手段で封じるか・・・・・・・・。後は対策の除去を何とかする必要があるぞ。

他にも対抗策があれば是非採用したいのですが、今のところは他に有効なものは思いつきません。一応調べてみますがどれほどあることやら・・・・・・・・・・。

あるいは自分も「十二獣」を使うかですな。「十二獣」は出張しやすいシリーズみたいなので使ってみようとも考えています。

他にも悪さをしそうなのは「召喚獣」でしょう。特に軸となる「召喚士アレイスター」や「召喚魔術」は凄まじいチートっぷり、他のカードもふざけんな!!と言いたくなるような強力なものが勢揃いです。もしかしたら今後の環境を支配するのは「召喚獣」デッキでは?


こうも立て続けにふざけた強さのカードやカテゴリーが出てくるとドラゴン使いの自分はますます勝てなくなりそうです・・・・・・・・。

いや!それでも勝ちに行くぞォ━━(#゚Д゚#)━━!!!!負けるつもりはねぇ!!!!

気合は十分!ドラゴン族で奴らに勝てるよう研究を続けるぞォ━━(#゚Д゚#)━━!!


新品カード 遊戯王アーク・ファイブ OCG ブースターSP フュージョン・エンフォーサーズ BOX

価格:2,250円
(2016/11/19 19:39時点)
感想(0件)






プロフィール

D-kmt

Author:D-kmt
通称:D

ドラゴン使いの決闘者(デュエリスト)

相棒:ホーリー・ナイト・ドラゴン

得意分野:ドラゴン族デッキ





遊戯王サイトからの相互リンクを募集しています。

遊戯王以外の話題も入れていきます(ただし、カードは遊戯王のみ)

FC2カウンター

FC2カウンター2

現在の閲覧者数:

カードを売るならこちら

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。